えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

哀音
あいおん
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-02-26 / 2018-01-27
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


――汽車の窓にて

夏の日の午さがり、
我が汽車は物憂げに
黒き煙を息吹きつゝ、
炎天の東海道を西へ馳す。
世ゆゑ、はたわれからの
黒熱に膿み爛れ、
灰汗の[#「灰汗の」はママ]洪水の胸底の
政の庁を失ひし
病人なれば、天地の
眺望ことごと灰濁みて、
あゝうたてしや、ひたぶるに、涙ぞ落つる。
乗合は背と背
肩犇々とすりあひぬ。
近江を過ぎて京ちかき
山科や、竹の入日に、
鬱憂のこゝろは重く、
倦じ疲れたる目はひと目
線路の砂に――あゝこの時、
胸はまた膿みて潰れぬ。
見よ、鉄道の枕木は、
癒ゆべからざる病人の
素枯れはてたる肋骨なり。
と見る、また我が乗る汽車は
痩せて細れる肋骨を
毒ある牙に噛みてゆく
黒蛇よ、あゝ死の使ひ。――
『無明』の子なる病人は、
をさな心にいとせめて
垂乳根の膝まくら
しばし安睡の夢見むと、
指す故郷の琉球は
五百里さかる海の島、
われを載せたる黒蛇は
勢ひ猛に、こは如何に、
その故郷も行過ぎつ、
右に横たふ山脈は
はや冥府の国、血に染めし
硫黄の池も近づくよ、
あなゆるせやと唸き伏し、
やゝありて我にかへれば、
京は水無月、祇園会の
空うつくしき星月夜、
我が汽車はしづしづと
涙さしぐむ哀音の
汽笛して七条出でぬ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko