えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

茴香
ういきょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-06-03 / 2018-05-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


なが月下浣の日のゆふべ、
山下岩根垂る水の
玉のしづくに核ぐみて、
かつ熟みこぼし斎ひつゝ、
風に額づく茴香の
あゝ姉妹の二人もとよ。

化石もすらむ秋の木は
骨立ち強に呼吸つまり、
天つ御法のおん宣告に、
拗ねては、櫨も葉こそ縒れ、
孕婦ながら茴香は
優婆夷か、悩む色もなし

伴にはぐれし赤蟻の
飢ゑて足悩ゆむ湿り地に、
憐み顔のおとどひは
茎[#ルビの「くも」はママ]も軟らに額づきて、
手弱腕にそと乗せつ、
弘誓もさこそ、あゝ茴香。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko