えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

わが画
わがえ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-09-29 / 2018-08-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


思はずも筆はしり
忽ちに画は成りぬ。
この時に涙ぞくだる。われながら
芸の力に泣きぬるか。

きと見れば、あさましや、
をののきに眼ぞ眩む。
むくつけき斑の獣尾を曳きて
面には君をゑがきたり。

やがて画は炉の中に
燃えながら且つ泣きぬ。
ああされど、偽らざりき、わが心
思ふはげにも然なりける。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko