えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

おもひで
おもいで
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-11-06 / 2018-10-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


父ぎみはしはぶき二つ、
母ぎみはそよ一雫、
瀬戸の海、東をさしし
三日まへに我を見ましぬ。

世馴れざる野がくれわらべ、
手文筥を封じもあへず、
ゐざり出て閾の端の
柱抱き面かくしぬ。

いとほしや小き学生
いくとせを東の京の
旅に寝ね旅にねざめて
文のわざいそしまむとや。

口軽く胸冷やけき
旅館女の待遇ぶりに、
慨きては、雨の夕の
欄に、おゝ、何のおもひで。

いとほし、と涙もろに、
叔母ぎみは守袋を
てづからにやさしうかけて、
わが背をそと撫でましぬ。

をりから車気近う、
婢女、荷をとゝのふれば、
父ぎみはいとおごそかに
健なれ、とそれよ一言。

母ぎみよ乳母よ叔母ぎみ、
朝露に五町濡れ来て
さらばよの御声ごえや、
やわらかにその尾をいきて
野の鶏の声も流れつ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko