えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

かさぬ宿
かさぬやど
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2019-01-15 / 2018-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


五里の青野に行き暮れて、
山下街の片門に、
いかで一夜の宿乞ふと
都のなまり、――うらわかき
学生づれの七人は
手にこそしたれ、百合の花。

家の下部が、老い屈み、
嗄れごゑに、竹箒
とる手とどめて物いへば、
二室へだてし簾障子の
奥に乳母よぶ――こは人の
百合の花なる白き影。

親なき君をいつく家の
あなあやにくと、しとやかに
乳母はいなみぬ。よし、さらば、
そのあえかなる君祝ひ
捧ぐと與へ行き過ぎぬ、
七人の手の百合の花。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko