えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

わなゝき
わななき
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2019-03-02 / 2019-02-22
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


瞬時の夢の装飾も、
しかすがに彩映ゆれば、
紫の絹の帳、
永遠の生命ありと、
平和を守りいつきて、
心ある春の雨は、
軟らに音なく濺いで、
しのびに葉末を流れぬるか。

瞬たけばまた夜明けて、
瞬たけばまた日暮れぬ、
直黄もゆる夕雲を、
きらの眼に見かへりて、
白無垢の乱れ羽に
血を浴べる、小鴒一羽、
枝ぶり怪しき柏の
木ぐれに落ちたる様はいかに。

瞬たけばまた夜明けて、
四辺また暗き千里、
かゝるときや古琴も、
虫ばみ折れて落つらむ、
若葉の雨も今宵は、
蕭々のわび音立てゝ、
あな悲し白木蓮の
ほろゝのこぼれぞ胸にひゞく。

点滴拍子さびしう、
刻々夜をきざみて、
短檠のほびも瘠せぬ、
小香炉の灰も冷えぬ。
晩春の項重う、
古甕の神酒を汲みて、
肱まくら思ひ入れば
あゝ胸柱切にわなゝく。

わなゝきはあわたゞしく、
小暗き室をはしりて、
闇に消えぬ、一しきり
木蓮の散る音につれ、
古甕はげしく裂けて、
あら御酒の泡もとめす、
大いなる、わなゝきぞ、
天地のかぎりにひろごりぬる。

折りから真闇のをちに、
生命の緒断つ氷鋏、
わなゝく大気にひゞきて、
終焉の影を依々たる、
あゝ束の間の装飾に、
酔ひしれず、霊のまへに、
涙の意さぐらずば、
わが魂いかにか迷ひけらし。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko