えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

春夫と旅行できなかつた話
はるおとりょこうできなかったはなし
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「太宰治全集11」 筑摩書房
1999(平成11)年3月25日
初出「西北新報 第五百六号」1937(昭和12)年1月1日
入力者夏生ぐみ
校正者焼野
公開 / 更新2018-06-19 / 2018-05-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


 一社會人として、こゝに一文を草しなければかなはぬ義務を感じてゐる。
 佐藤春夫氏と共に晩秋、秋の[#「秋の」はママ]ふるさとを訪づれる約束は、眞實である。實現できず、嘘になつて、ふるさとの一、二の人士の嘲笑の的にされた樣子である。
 嘘も、誠も、この世に於ては、力量の問題で、あつさり判決されるものゝ樣である。ばか、と言はれて、その二倍三倍の大聲發して、ばか、と叫び返せば、その大聲の力士あがりの勝ちになるのである。金力、また、然り。
 敗軍の將は語らず、といふ言葉がある。あきらめて默したのではないやうだ。言ふべきことの、あまりに多く、その冷靜の整理のための雌伏である。證據物件の冷酷の取捨である。三年のちに、見事に直なる花の咲き出すこと、確信して居る。私は、力を養ひ育てなければならない。
 私は誰をも許してゐない。檻の中なる狼は、野に遊ぶ虎をひしぐとか、悠々自適、時を待つてゐます。
 一噛の齒には、正確に、一噛の齒を。一杯のミルクには、正確に、一杯のミルクを。他は、なし。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko