えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

ある時
あるとき
著者今野 大力
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-01-13 / 2015-01-06
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


「未曾有のキキン」
「大水害」
「餓死の年」
遠いほんとうに遠い
父と息子の住んで居る土地は
時代をとりちがえて生きて居るようにほんとうに遠い
手紙の封筒は
ほご紙を飯粒のりでこさえておくる
切手はどこかのすみからさがして来たようにすすけてしわくちゃだ
父と息子のたよりは
三銭の切手もめったに送らない
父は「死んでしまおうか」と訴えてくる
白髪のお母よ丈夫で居てくれ
小さい弟妹よ、丈夫に育ってくれ



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko