えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

大和ぶり
やまとぶり
著者佐佐木 信綱
文字遣い新字旧仮名
底本 「大和の古文化」 近畿日本叢書、近畿日本鉄道
1960(昭和35)年9月16日
入力者岩澤秀紀
校正者杉浦鳥見
公開 / 更新2020-06-03 / 2020-05-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


大和路

大和なれば塔は見ゆいらか見ゆ菜たねがらやく畑の遠に

道にそふ切づまの家柿若葉生駒遠嶺は淡々と霞み


春日野

いゆきめぐるあしびがもとの道明るし春日野にある此の夕なり

我が行くは憶良の家にあらじかとふと思ひけり春日の月夜


奈良ホテル

朝窓のそとに来遊ぶ鹿を見る奈良にやどりし喜びの一つ

大木あふちむらさき淡きいろしづかに朝の庭苑の一角を占む


秋雨の日

靄ごもる布留の川添とめゆかば昔少女にけだし逢はむかも

秋雨に飛鳥を行けば遠つ世のおもひするかな萩の花ちる


薬師寺

巍々たる宝刹のもとおほけなくわが歌碑ここに建たむと思へや

瑞々し菩提樹の蔭にわが歌の石ぶみは建てりよき処得て



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko