えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

首切り問答
くびきりもんどう
作品ID55811
著者佐々木 邦
文字遣い新字新仮名
底本 「佐々木邦全集 補巻5 王将連盟 短篇」 講談社
1975(昭和50)年12月20日
初出「日の出」新潮社、1935(昭和10)年4月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者芝裕久
公開 / 更新2021-02-28 / 2021-01-27
長さの目安約 18 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

仇討ちの決心

 この事件に関する野口君と僕の交渉は僕が九州で某県庁の属官を勤めていた頃から始まる。野口君は裏日本の某中学校教諭を拝命して、三年ばかりたっていた。二人は高等学校時代からの同窓で極く親しかった。それだから野口君が九州まで訪ねて来ても然う驚く筈はないのだが、突然だったし、教員の自由の利く休暇季節でなかったから、僕は野口君の顔を見た時、悪い予感に襲われた。
「何うしたんだい? 今頃」
「東京へ帰る途中だ」
「方角が違うじゃないか?」
「途中で思いついてやって来たんだ」
「今頃? 休暇でもないのに、何うしたんだい? 一体」
「君、実はこれだ。突然」
 野口君は首を叩いて見せて、
「口惜しくて仕方がない」
「驚いたね、これは」
「君に相談に来たんだ」
「僕の力で出来ることなら何でもする。幸い県庁のお役人だ。この県下で宜ければ心掛けて置く」
「いや、僕はもう教育界は見限った」
「一体どうして首になったんだい?」
「自分でも次第が分らない。僕を採用した校長が転任して、教頭の野郎が昇格したんだ。すると単に学校の都合だから余所へ行ってくれという相談さ」
「君のことだから、普段教頭を教頭と思っていなかったんだろう」
 僕は野口君の性格をよく知っている。純情な男だけれど、無暗に鼻っ張りが強い。誰とでも議論をする。殊に目上のものに突っかゝって行くのが得意だ。就職して三年なら、同僚といっても、実際は大抵先輩だから、恐らく議論相手が豊富過ぎたのだろう。
「君のことだからとは何だい? 君はロク/\経緯も聞かないで、僕を悪いものと定めてかゝるのか?」
「そういう意味じゃないけれど」
「君は矢っ張り官僚だ」
「早速始まったな。しかし君だって、元来穏かな方じゃあるまい」
「僕を正義側と認めないなら、もう宜い。君を見損って、九州くんだりまで来たんだから」
「無論、正義は君の側にあるだろう。誤解されたんだ。君は穏かではないけれど、少くとも、道に外れたことをする人間じゃない」
「初めから気に食わない野郎だと思っていたが、それが通じたんだろう。若し僕が悪いとすれば、御機嫌を取らなかったのが悪かったんだ」
「もう完全にやめて来たのかい?」
「うむ。辞表を叩きつけておっ走って来た。追い出す料簡のところに一日だっていられるものじゃない」
「少し乱暴だな」
「遣口がひどいからね。誰だって癪にさわる」
「いや、君の方だよ。今直ぐやめろと言うんじゃないだろう?」
「新学年までに転任してくれと言うんだ。学校の方でも然るべく心掛けて口を探してやるから、自分でも先輩に相談して見ろと言うんだ」
「それなら待っていれば宜いじゃないか?」
「何だ君も教頭組か?」
 野口君は興奮していた。動もすると突っかゝって来る。斯ういう調子だから、態好く見限られたのだろうと思ったけれど、それを言えば憤るばかりだから、僕は宥…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko