えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題068 辻斬綺談
068 つじぎりきだん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(一)平次屠蘇機嫌」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年5月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1937(昭和12)年10月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者結城宏
公開 / 更新2018-12-06 / 2018-11-24
長さの目安約 32 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より



「親分、あっしはもう癪にさわってさわって」
 ガラッ八の八五郎は、いきなり銭形平次の前に、長い顎を漂わせます。
 よく晴れた秋の日の朝、平次は所在なく雁首を爪繰りながらあまり上等でない五匁玉の煙草包をほぐしているのでした。
「何をブリブリしているんだ。腹の立て栄えのする面じゃないぜ、手前なんか」
 一服吸い付けて、平次はしばらく薄紫色の煙をなつかしむ風情です。
「だって、これが癪にさわらなかった日にゃ、親分、生きているとは言えないぜ」
「大層思い込んでしまったんだね。その癪にさわるわけを言ってみな。誰が一体手前に三年前の割前勘定なんか催促したんだ」
 平次はまだニヤリニヤリとしております。
「そんなんじゃねえ。割前なんか、払わねえことに決めているから、催促されたって驚くあっしじゃねえが」
「なるほど、気は確かだ」
「町内の蝦夷床へ入って、順番を待つうち、中で木枕に頭を当てて、ツイウトウトとしかけたと思うと、多勢立て込んだ客が、あっしが居るとも知らずに、とんでもねえ話を始めた――」
 ガラッ八の癪の原因は、何か筋道が立ちそうな気がして、平次も少しばかり本気になります。
「『近頃神田一円を荒し廻る辻斬野郎、――最初は弱そうな二本差を狙っていたが、近頃はタチが悪くなって、町人でも女子供でも、見境なくバサリバサリやった上、死骸の懐中物まで抜くというじゃないか、――武家の悪戯は、町方役人の知ったことじゃねえと言う積りだろうが、一体誰がこれを取締ってくれるんだ、――銭形とか平次とか、大層顔の良いのが居たって、辻斬へ指も差せねえようじゃ案山子ほどの役にも立たねえ』とこうだ、親分」
 ガラッ八が腹を立てたのも無理はありませんが、町内の衆が、浮世床で不平を漏らしたのも理由のあることでした。この夏あたりから、神田一円を荒し廻る辻斬の無法惨虐な殺戮は町人達は言うまでもなく武家も役人も、御用聞の平次も腹に据え兼ねていたのです。しかし、市井の小泥棒や、町人同士の殺傷沙汰と違って、腕の利いた辻斬では、平次の手にも負えず、それに、神出鬼没の早業で、幾度か正体を見届け損ねて、夏も過ぎ、秋も半ばになったのでした。
「その通りだよ、八、町内の衆の言う事にこれんばかりも間違いはない」
 平次は自責の念に堪え兼ねた様子で、思わず深々とうな垂れます。
「親分、そう言われると、一も二もねえ。が、床屋の店先で、遠慮もなく親分の悪口をまくし立てるのは、憎いじゃありませんか。一番憎い口をきいたのは、遊び人の――」
「そいつは聴かない方がいい、――なア八、憎いのは町内の衆じゃなくて、人間を牛蒡や人参のように斬って歩く、辻斬野郎じゃないか」
「…………」
 平次はツイ、無法な殺戮者に対する、鬱積した怒りを爆発させます。
「二本差同士ならともかく、町人まで斬って歩くのは我慢がならねえ。八、手を貸してくれるか…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko