えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題035 傀儡名臣
035 くぐつめいしん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(三)酒屋火事」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年7月20日
初出「オール讀物 第四卷第十二號」文藝春秋社、1934(昭和9)年12月1日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者結城宏
公開 / 更新2018-07-18 / 2018-06-27
長さの目安約 35 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より



「親分、手紙が参りました」
「どれどれ、これは良い手だ。が、余程急いだと見える」
 銭形平次は封を切って読み下しました。初冬の夕陽が這い寄る縁側、今までガラッ八の八五郎を相手に、将棋の詰手を考えている――といった、泰平無事な日だったのです。
「使いの者が待っていますが――」
 ガラッ八は膝っ小僧を隠しながら、感に堪えている平次を促しました。
「待てよ、手紙の文面は、――至急相談したいことがあるから、この使いの者と一緒に来て貰いたいと言うのだ。場所は柳橋、名前はない。――言葉は丁寧だが、四角几帳面な文句の様子では、間違いもなく武家だ、――使いの者はどんな男だ」
「女で」
「それじゃお茶屋の女中だろう、――手前行ってみな」
「あっしが行くんですかい」
「お茶屋から岡っ引を呼び付けるような奴のところへは行きたくねえ、第一この左様然らばの文句が気に入らねえよ」
 平次は日頃にもなく妙なことを言い出しました。
「あっしも嫌いで、――お茶屋から岡っ引を呼び付けるような野郎は」
 ガラッ八は内懐から顎の下へ手を出して、剃り立ての青鬚の跡を、逆様に撫で上げました。
「馬鹿野郎」
「ヘッ」
「人の真似なんかしやがって、――漸く売り出したばかりの癖に、仕事の選り好みをすると罰が当るぞ」
「ヘエ――」
「世間でそう言っているぜ、神田の平次のところに居る八五郎は、見掛けほどは馬鹿じゃねえ――とな。手前にしちゃ大した評判だ。それにつけても、一つでも余計に仕事をして、腕を上げるのが心掛けというものじゃないか。手前もいつまでも居候じゃあるめえ、――ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」
 平次はいきなり笑い出しました。
「親分」
「俺も人に意見をするようになったのが可笑しかったんだよ。年は取りたくねえな、八」
 年は取りたくないと言ったところで、平次はまだ三十を越したばかり、ガラッ八と幾つも年が違うわけではありません。
「親分、行きますよ。お茶屋だろうが、お寺だろうが」
「お寺と一緒にする奴があるかい」
「物の譬で――」
 ガラッ八はそんな事を言いながらも、手早く支度をして、使いの者と一緒に飛出しました。
「思いの外むつかしい仕事かも知れないよ。ドジを踏むな」
 念のため、そう言いながら、平次は物蔭からそっと覗きました。使いの女というのは、二十二三、柳橋あたりのお茶屋の女とはどうしても思えない、少し武家風な、そのくせ妖艶なところのある年増でした。
 ガラッ八の八五郎は、
「さア参りましょう、とんだお待たせ申しました」
 親分の平次みたいな顔をして女の先に立って行くのを、真物の平次はほほ笑ましい心持で眺めていたのです。



 日が暮れて初冬の夜は宵ながら更け渡るような心持でした。
「お静、何刻だろう」
「先刻上野の戌刻(八時)が鳴りましたよ」
「八の野郎は少し遅いようだね、間違いがなきゃアいい…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko