えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題013 美女を洗い出す
013 びじょをあらいだす
著者野村 胡堂
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(四)城の絵図面」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年8月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1932(昭和7)年4月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者noriko saito
公開 / 更新2020-07-06 / 2020-06-27
長さの目安約 27 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より



 芝三島町の学寮の角で、土地の遊び人疾風の綱吉というのが殺されました。桜に早い三月の初め、死体は朝日に曝されて、道端の下水の中に転げ込んでいたのを、町内の人達が見付けて大騒ぎになったのでした。
 傷というのは、伊達の素袷の背後から、牛の角突きに一箇所だけ、左の貝殻骨の下のあたり、狙ったように心臓へかけてやられたのですから、大の男でも一たまりもなかったでしょう。刺された拍子に転げ込んだものと見えて、下水の中は蘇芳を流したようになっております。
 この辺の縄張は、柴井町の友次郎という御用聞、二足の草鞋を履いているという悪評もありますが、まず顔の通った四十男。早速駆けつけて、役人の検屍の前に、一と通り、急所急所に目を通しました。
「親分、ひどい事になったものですね」
「お、八五郎か。銭形の仕込みでたいそう鼻が良いな」
「からかっちゃいけません。まだこの死体を見付けてから、半刻(一時間)と経たないって言うじゃありませんか。いくら鼻がよくたって、神田から駆けつける暇なんかありゃしません」
「じゃ品川の帰りって寸法かい」
 友次郎はどこまでからかい面だかわかりません。
「とんでもない、川崎の大師様へ日帰りのつもりで、宇田川町を通るとこの騒ぎでしょう」
「なるほどね。そこで、俺の間抜けなところを見て笑ってやろうという廻り合せになったんだね。まア、いいやな。この通りの始末だ。種も仕掛けもねえ、よく見てやってくんな」
 友次郎の妙に絡んだ物言いが癪に障らないではありませんが、ガラッ八とは貫禄が違いますから、腹を立てたところで、喧嘩にも角力にもなるわけではありません。
「殺されたのは、疾風の綱吉だっていうじゃありませんか」
「そうだよ。可哀想に、後ろ傷で往生しちゃ綱の野郎も浮ばれめえ。何とか敵を討ってやらなくちゃ」
「刃物は」
 と八五郎、何とか厭味なことを言われながらも、職業意識は独りで働きかけます。
「それが不思議なんだ。どうしても見えねえ。これだけ深傷を負わせたんだから、わざわざ引っこ抜きでもしなきゃア、死骸が刃物を背負っているはずだ」



「ヘエ――、一体誰がこんな虐たらしい事をやったんでしょう」
 とガラッ八。
「それが解りゃ苦労はしねえ。つまらねえ事を言うと、素人衆から笑われるぜ」
「だが、怨みとか、物盗りとか」
「綱吉の野郎にしちゃ、柄にもねえ纏まった金を持っているようだから、物盗りでねえことだけは確かだ。物盗りの仕業なら、得物を死骸の背中から引っこ抜く暇に、懐から財布を抜いて行くよ」
「怨みとなると――」
「知っての通り、綱吉はやくざ者には相違ないが、まことに男振りも評判も好い男だ。人に怨まれるような人間じゃねえ」
「すると」
「女だよ、八兄イ」
「ヘエ――」
「この間から、神明の水茶屋の、お常の阿魔に熱くなりやがって、毎日入りびたって、渋茶で腹をダブ…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko