えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題011 南蛮秘法箋
011 なんばんひほうせん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(三)酒屋火事」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年7月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1932(昭和7)年2月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者noriko saito
公開 / 更新2018-03-04 / 2018-02-25
長さの目安約 32 ページ(500字/頁で計算)

広告

⮞⮞⮞ えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より



 小石川水道端に、質屋渡世で二万両の大身代を築き上げた田代屋又左衛門、年は取っているが、昔は二本差だったそうで恐ろしいきかん気。
「やいやいこんな湯へ入られると思うか。風邪を引くじゃないか、馬鹿馬鹿しい」
 風呂場から町内中に響き渡るように怒鳴っております。
「ハイ、唯今、すぐ参ります」
 女中も庭男もいなかったとみえて、奥から飛出したのは倅の嫁のお冬、外から油障子を開けて、手頃の薪を二三本投げ込みましたが、頑固な鉄砲風呂で、急にはうまく燃えつかない上、煙突などという器用なものがありませんから、たちまち風呂場一杯に漲る煙です。
「あッ、これはたまらぬ。エヘンエヘンエヘン、そこを開けて貰おう。エヘンエヘンエヘン、寒いのは我慢するが、年寄りに煙は大禁物だ」
「どうしましょう、ちょっと、お待ち下さい。燃え草を持って参りますから」
 若い嫁は、風呂場の障子を一パイに開けたまま、面喰らって物置の方へ飛んで行ってしまいました。
 底冷えのする梅二月、宵といっても身を切られるような風が又左衛門の裸身を吹きますが、すっかり煙に咽せ入った又左衛門は、流しに踞ったまま、大汗を掻いて咳入っております。
 その時でした。
 どこからともなく飛んで来た一本の吹矢、咳き込むはずみに、少し前屈みになった又左衛門の二の腕へ深々と突っ立ったのです。
「あッ」
 心得のない人ではありませんが、全く闇の礫です。思わず悲鳴をあげると、
「どうしたどうした、大旦那の声のようだが」
 店からも奥からも、一ぺんに風呂場に雪崩れ込みます。
 見ると、裸体のまま、流しに突っ起った主人又左衛門の左の腕に、白々と立ったのは、羽ごと六寸もあろうと思う一本の吹矢、引抜くと油で痛めた竹の根は、鋼鉄のごとく光って、美濃紙を巻いた羽を染めたのは、斑々たる血潮です。
「俺は構わねえ、外を見ろ、誰が一体こんな事をしやがった」
 豪気な又左衛門に励まされるともなく、二三人バラバラと外へ飛出すと、庭先に呆然立っているのは、埃除けの手拭を吹流しに冠って、燃え草の木片を抱えた嫁のお冬、美しい顔を硬張らせて、宵闇の中にどこともなく見詰めております。
「御新造様、どうなさいました」
「あ、誰かあっちへ逃げて行ったよ。追っかけて御覧」
 と言いますが、庭にも、木戸にも、往来にも人影らしいものは見当りません。
「こんな物が落ちています」
 丁稚の三吉がお冬の足元から拾い上げたのは、四尺あまりの本式の吹矢筒、竹の節を抜いて狂いを止めた上に、磨きをかけたものですが、鉄砲の不自由な時代には、これでも立派な飛び道具で、江戸の初期には武士もたしなんだと言われるくらい、後には子供の玩具や町人の遊び道具になりましたが、この時分はまだまだ、吹矢も相当に幅を利かせた頃です。
 余事はさておき――、
 引抜いたあとは、つまらない瘡薬か何かを塗って、そのま…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko