えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題079 十七の娘
079 じゅうしちのむすめ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(四)城の絵図面」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年8月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1938(昭和13)年8月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者結城宏
公開 / 更新2019-02-18 / 2019-01-29
長さの目安約 31 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より



 荒物屋のお今――今年十七になる滅法可愛らしいのが、祭り衣裳の晴れやかな姿で、湯島一丁目の路地の奥に殺されておりました。
「まア、可哀想に」
「あんな人好きのする娘をねエ」
 ドッと溢れる路地の野次馬を、ガラッ八の八五郎、どんなに骨を折って追い散らしたことでしょう。
「えッ、寄るな寄るな、見世物じゃねえ」
 遠い街の灯や、九月十四日の宵月に照されて、眼に沁むような娘の死体を、後ろに庇ったなりで八五郎は呶鳴り立てるのでした。そこここから覗く冒涜的な野次馬の眼が、どうにも我慢がなりません。
「どうしたえ、八、お今がやられたそうじゃないか」
 幸い親分の銭形平次が飛んで来ました。江戸開府以来と言われた、捕物の名人が来さえすれば、八五郎の憂鬱は一ぺんに吹き飛ばされます。
「親分、あれだ」
「なんて虐たらしい事をしやがったんだろう、可哀想に」
 側に寄ってみると、路地をひたした血潮の上に、左頸筋を深々と切られたお今は突っ伏しておりますが、触ってみるとわずかに体温が残るだけ。
 八五郎と死骸を挟んで、番太の親爺と、お義理だけの町役人が顔を並べましたが、すっかり顫え上がってものの役にも立たず。
「肝腎のお袋は目を廻して、そこの家へ担ぎ込まれましたよ」
 親一人子一人の評判娘が、この虐たらしい最期を遂げては、母親が目を廻すのも無理のないことでしょう。
「可哀想に――検屍が済んだら、早く引取らせるがよい。もうすぐ八丁堀の旦那方が見えるはずだから」
 平次はそう言って、路地の外から覗く、物好きな眼の前へ、蓋になるように立っております。
「三輪の親分が、下手人を挙げて行きましたぜ、親分」
 と、ガラッ八の声は少し尖りました。
「そいつは早手廻しだな、誰だい、その縛られたのは?」
「町内の油虫――釣鐘の勘六が、血だらけの匕首を持って、ぼんやり立っているところを、多勢の人に見られてしまったんで」
「なるほどね」
「あわてて逃出したところを、三輪の万七親分が通りかかって、いきなり縛ってしまいましたよ」
「それっきりかえ」
「あっしも見たわけじゃありませんが、縛られると、それまで呆然していた勘六が、急に狂ったように騒ぎ出したそうですよ」
「はてな?」
 平次は考え込みました。勘六は五十男で、評判のよくない人間には相違ありませんが、十七娘をどうしようという歳ではなく、それに、お今は母一人娘一人で、人に怨まれる筋合などは、どう考えてもなかったのです。
「変でしょう、親分、――勘六ほどの悪党が、人を殺した現場に、ノッソリ血だらけな匕首を持って立っているはずはないじゃありませんか」
 ガラッ八にもこれくらいの眼があったのでした。
「三輪の兄哥にも何か思惑があるんだろう。ところで、お今には浮いた噂はなかったのか」
「大根畑の植木屋の専次というのが心安くしていたそうですよ」
「そっとつれて来る…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko