えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題047 どんど焼き
047 どんどやき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(四)城の絵図面」 嶋中文庫、嶋中書店
2004(平成16)年8月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1936(昭和11)年1月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者結城宏
公開 / 更新2018-09-27 / 2018-08-28
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より



「あ、あ、あ、あ、あ」
 ガラッ八の八五郎は咽喉仏の見えるような大欠伸をしました。
「何という色気のない顔をするんだ。縁先で遊んでいた白犬が逃出したじゃないか、手前に喰い付かれると思ったんだろう」
 のんびりした春の陽ざしの中に、銭形平次も年始疲れの、少し奈良漬臭くなった足腰を伸して、寝そべったまま煙草の烟の行方を眺めていたのです。
「だがね、親分、正月も三ヶ日となると退屈だね。金は無し、遊び相手は無し、御用は無し、――そこで考えたんだが、二度年始廻りをする術はないものでしょうか――明けましてお目出とう、おや八さん、昨日も年始に来たじゃないか、ヘエー、そんなはずはないんだが、あっしは暮から風邪を引いて今日起き出したばかりですよ、それはたぶん八五郎の偽者でしょう――なんて上がり込む工夫はないものかな」
 八五郎の想像は、会話入りで際限もなく発展して行きます。
「馬鹿野郎、――よくそんな間抜けな事が考えられたものだ」
「――それも樽を据えた家に限るね、一升買いの酒じゃ、飲んでも身にならねえ」
「呆れた野郎だ」
「でなきゃア、御用始めに、眼の玉のでんぐり返るような捕物はないものかなア。親分の前だが、今年こそ、うんと働きますぜ。江戸中の悪党が、八五郎の名を聞いただけで眼を廻す――てな事になると――」
「八、気を付けるがいいぜ、雪のない正月で、いやにポカポカするから」
「ね、親分、今度はあっしに任せて下さいな、どんな事でも、一人で捌いて世間の人をアッと言わせますから」
「いい気のものだ、――おや、そう言えば御用始めらしいぜ、手前逢ってみるか」
 平次が隣室に隠れる間もありません。バタバタと入って来たのは、若い男。
「銭形の親分さん、た、大変、――すぐお出で下さい」
 突きのめされそうな声です。二十五六、大店の手代風ですが、余程面くらったものと見えて、履物も片跛、着物の前もろくに合っておりません。
「お前さんは、どこから来なすったえ」
 八五郎は精一杯の威儀を作ります。
「安針町の、さ、相模屋から参りましたが、――わ、若旦那が昨夜――」
 手代はゴクリと固唾を呑みました。
「これを飲んで少し落着いてから話すがいい。そうあわてちゃかえって筋が通らねえ」
 平次がぬるい茶を一杯くんで出すと、それを一と息に呑みほして、しばらくホッと胸を撫でおろします。
「若旦那がどうした――」
 と平次。
「昨夜殺されましたよ」
 手代はぞっと身を顫わせます。
「昨夜殺されたと、何だって今頃あわてて飛んで来るんだ。あの辺は第一、小網町の仙太の縄張じゃないか」
 ガラッ八は少しむくれて見せました。
「そう言うな、八、――ね番頭さん、お前さんが下手人の、疑いを受けたんだろう」
「えッ、どうしてそれを、親分さん」
「昨夜の殺しを、今頃あわてて俺のところへ言って来るのは、よくよく困ったことがあ…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko