えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題105 刑場の花嫁
105 しおきばのはなよめ
著者野村 胡堂
文字遣い新字新仮名
底本 「銭形平次捕物控(十一)懐ろ鏡」 嶋中文庫、嶋中書店
2005(平成17)年5月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1940(昭和15)年1月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者noriko saito
公開 / 更新2019-07-15 / 2019-06-28
長さの目安約 31 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より



「八、今のはなんだい」
「へエ――」
 銭形の平次は、後ろから跟いて来る、八五郎のガラッ八をふり返りました。正月六日の昼少し前、永代橋の上はひっきりなしに、遅れた礼者と、お詣りと、俗用の人が通ります。
「人様が見て笑っているぜ、でっかい溜息なんかしやがって」
「へエ――相済みません」
 八五郎はヒョイと頭を下げました。
「お辞儀しなくたっていいやな、――腹が減ったら、減ったというがいい。八幡様の前でよっぽど昼飯にしようかと思ったが、朝飯が遅かったから、ツイ油断をしたんだ。家までは保ちそうもないのかえ」
「へエ――」
「へエ――じゃないよ。先刻は橋の袂で飼葉を喰っている馬を見て溜息を吐いていたろう。あれは人間の食うものじゃないよ。諦めた方がいいぜ」
「へッ」
 八五郎は長い顎を襟に埋めました。まさに図星といった恰好です。
「どうにもこうにも保ちそうもなかったら、その辺で詰め込んで帰るとしようよ。魚の尻尾を齧っている犬なんか見て、浅ましい心を起しちゃならねエ」
 平次はそんなことを言いながら、その辺のちょいとした家で、一杯やらかそうと考えているのでした。
「犬は大丈夫だが、橋詰の鰻屋の匂いを嗅いだら、フラフラッとなるかも知れませんよ」
「呆れた野郎だ」
 二人は橋を渡って、御船手屋敷の方へ少し歩いた時。
「あッ、危ねエ、気を付けやがれ、間抜け奴ッ」
 飛んで来て、ドカンと突き当りそうにして、平次にかわされて、クルリと一と廻りした男、八五郎の前に踏止まって遠慮のないのを張り上げたのです。
「何をッ、そっちから突っかかって来たじゃないか」
「八、放っておけ、空き腹に喧嘩は毒だ」
 平次は二人の間に割って入りました。
「あッ、銭形の親分」
「なんだ。新堀の鳶頭じゃないか」
 革袢纏を着た、中年輩の男、年始廻りにしては、少しあわてた恰好で、照れ隠しに冷汗を拭いております。
「相済みません。少しあわてたもんで、ツイ向う見ずにポンポンとやる癖が出ちゃって、へッ、へッ」
「恐ろしい勢いだったぜ。火事はどこだい。煙も見えないようだが」
「からかっちゃいけません、ね親分。ここでお目にかかったのは、ちょうどいい塩梅だ。ちょいと覗いてやって下さい。大変な騒ぎが始まったんで」
「何が始まったんだ。喧嘩じゃあるまいね。夫婦喧嘩の仲裁なんざ、御免蒙るよ」
「殺しですよ、親分」
「へエ、松の内から、気の短い奴があるじゃないか」
「殺されたのは、新堀の廻船問屋、三文字屋の大旦那久兵衛さんだ。たくらみ抜いた殺しで、恐ろしく気の長い奴の仕業ですぜ、親分」
「なるほど、そいつは鳶頭の畠じゃねえ」
「だからちょいと覗いて下さい。そう言っちゃ済まねえが、富島町の島吉親分じゃ、こね返しているばかりで、いつまで経っても埒が明かねえ。あんまり歯痒いから、あっしは深川の尾張屋の親分を呼んで来て、陽のあるう…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko