えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

札幌の印象
さっぽろのいんしょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「日本随筆紀行第二巻 札幌|小樽|函館 北の街はリラの香り」 作品社
1986(昭和61)年4月25日
初出「文章世界 第四巻第十六号」1909(明治42)年12月15日
入力者浦山敦子
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2019-05-09 / 2019-04-26
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

古い 京都の それ よりは 一層 正しく、
東西南北に 確実な 井桁(市の 動脈)を 打ち重ねた 北海の 首府――
石狩原野 の 大開墾地に 囲まれて、
六万の 人口を 抱擁する 札幌の 市街――
住民は 凡て 必らずしも 活動して ゐるでは ないが、
多くは 自己 一代の 努力に 由つて その家を 建てた ものだ。

然し 渠等の 目に 映ずるのは、ただ
焼け残つた 赤煉瓦 の 道庁、
開拓紀念に 最も 好箇な 農科大学、
いつも 高い 煙突の 煙を 以つて 北地を 睥睨 する 札幌ビール工場、製麻会社、
石造の 拓殖銀行、青白く 日光の 反射する 区立病院、
大通り 散策地の 諸銅像、北海タイムス、中島の 遊園、
北一条の 停車場、南一、二条 の 繁栄、狸小路、遊廓、
(それらの 物には、すべて、内地から 入り込んだ 放浪者 の
珍らしむ 価値は 殆ど なからうでは ないか?)

放浪者は 寧ろ その他に 注意する ものが ある、
積雪に 堪へる 様に 造つた 平家の 棟つづき、
停車場通り の アカシヤ街、
枝葉は 幹に 添つて 箒の 如く 空天に 逆立つ 白楊樹(内地で 云へば、いてふの 格、)
開拓者が ところどころ 道に 切り残した アカダモ(ハル楡)の 大木、
道ばたに 植ゑ並べた イタヤもみぢ の 繁り。
これらが、――繁華な 町通りには ある わけで ないが――影の 如く、
いつも 行く者の 心に つき添つて 離れない 脈搏 の 井桁、それを縫つて、
田夫 または 田婦が、馬の脊に 乗せた 青物(茄子、胡瓜、西瓜、
キヤベツ、玉ねぎ、西洋かぼちや、栗、くるみ、林檎、
唐もろこし、または、大根)を 呼び売り して まはる のだ。
(放浪者 には、その 百姓馬子 の 呼び売りが 最も 意味深く
新開地 の 市街を 摘出する 様に 思はれた。)

渠、百姓馬子は [#「百姓馬子は 」は底本では「百姓馬子は、」]速かに 変遷する 季節を
この 静かな 蔭の多い、外国じみた 市街に 送り込む 神の 様だ。
渠の 荷に 胡瓜、甜瓜、茄子 の 多い ときは まだ 初めだが、
短かい 夏よ[#「夏よ」はママ] やがて 栗、くるみ、ココアに 変じ、
おびただしい 唐もろこし や 林檎が 甚だ 少くなる と、直ぐ、
漬け大根 の 洗はれた のが 至るところ の 家根や 木々に かかる。

また 別に、放浪者の 目に 付いたのは、町の 角に こん炉を 持ち出し、
簡単に 唐もろこしを 焼いて 売る ものが 多かつた ことだ。
その 店の 一つを 僕は 非常に なつかしく おもつた――
と云ふ のは、僕の ふらり 外出する たんびに 目に 触れる からで、
葉の 大きな イタヤもみぢ の 太い 根もとに、
晴天 なら 勿論、雨天 でも、根気よく、店を 張つてゐるの…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko