えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題282 密室
282 みっしつ
著者野村 胡堂
文字遣い新字新仮名
底本 「奇譚 銭形平次 「銭形平次捕物控」傑作選」 PHP文庫、PHP研究所
2008(平成20)年10月17日
初出「オール讀物」文藝春秋新社、1952(昭和27)年11月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者江村秀之
公開 / 更新2020-05-27 / 2020-04-28
長さの目安約 32 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より



「妙なことを頼まれましたよ、親分」
 ガラッ八の八五郎、明神下の平次の家へ、手で格子戸を開けて――これは滅多にないことで、大概は足で開けるのですが――ニヤリニヤリと入って来ました。
 十月の素袷、平手で水っ洟を撫で上げながら、突っかけ草履、前鼻緒がゆるんで、左の親指が少し蝮にはなっているものの、十手を後ろ腰に、刷毛先が乾の方を向いて、とにもかくにも、馬鹿な威勢です。
「顎の紐を少し締めろよ、馬鹿馬鹿しい」
 口小言をいいながらも、平次は座布団を引寄せて、八五郎のために座を作ってやるのでした。
「でも、若い娘に忍んで来てくれと頼まれたのは、あっしも生れて初めてで」
 八五郎はこう言って、顎を撫でたり、襟を掻き合せたりするのです。
「願ったり叶ったりじゃないか、相手は誰だ」
「親分も知っていなさるでしょう。相手は本郷二丁目の平松屋源左衛門の義理の娘ですが、まずその親父のことから話さなきゃわかりません」
「知っているとも。昔は武家だったそうだな、松平という祖先の姓を名乗っては、相済まないというので、松平を引っくり返して平松屋は、義理堅いようなふざけた話だ」
「その平松屋源左衛門というのは、本郷一番の金貸で、五年前に亡くなった、松前屋三郎兵衛の跡だということも、御存じでしょうね」
「そんな事も聴いたようだな」
「松前屋三郎兵衛は、松前様のお金を融通して、一代に万という金を拵えたが、主人三郎兵衛は、女房のお駒と、小さい娘のお君を遺して五年前に病死――それにも変な噂がありますが、ともかくも、用心棒においた居候の浪人、松平源左衛門というのが、ズルズルべったり、祝言なしで後家のお駒といっしょになり、平松屋と暖簾を染め直して、金貸稼業をつづけたが、不思議なことに、先代の松前屋三郎兵衛が溜めておいた筈の、一万両近い金が、どこに隠してあるかわからない」
「フーム」
「一万両の金の見付からない自棄もあったでしょう。平松屋源左衛門は三年前から女道楽をはじめ、年上の女房お駒が嫌になって、茶汲あがりのお万というのを引入れ、女房のお駒と、先代松前屋の娘お君を邪魔にし、離屋へ別に住まわせることにした」
「薄情な野郎だな」
「一万両の金が目当ての入婿だから、金が無いとわかると、年上の女は邪魔にもなるでしょうよ。ところが、女房のお駒はきかん気の女で――少しは気も変になったでしょうが、――私は此家の心棒だから、梃でも動かないと言い出し、離屋の窓々に頑丈な格子を打ち付け、四方の戸に錠をおろして、鍵は自分の手に持ったのが一つだけ、娘のお君のほかには、誰も離屋に寄せつけない。後添の主人源左衛門は、元は武家で腕に覚えがあるから、私を殺しに来るに違いない――というのだそうで」
「なるほど、そんな事もあるだろうな」
「三度の食事も娘が運んで、下女のお鉄でさえも、滅多に離屋へは寄せつけないというから大変で…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko