えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

鎌倉
かまくら
作品ID57391
著者芳賀 矢一
文字遣い新字新仮名
底本 「日本随筆紀行第九巻 鎌倉 くれないの武者の祈り」 作品社
1986(昭和61)年8月10日
入力者浦山敦子
校正者noriko saito
公開 / 更新2022-06-16 / 2022-05-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


七里が浜のいそ伝い
  稲村が崎 名将の
    剣投ぜし古戦場

極楽寺坂越え行けば
  長谷観音の堂近く
    露坐の大仏おわします

由比の浜べを右に見て
  雪の下村過ぎ行けば
    八幡宮の御社

上るや石のきざはしの
  左に高き大銀杏
    問わばや 遠き世々の跡

若宮堂の舞の袖
  しずのおだまきくりかえし
    かえせし人をしのびつつ

鎌倉宮にもうでては
  尽きせぬ親王のみうらみに
    悲憤の涙わきぬべし

歴史は長き七百年
  興亡すべてゆめに似て
    英雄墓はこけ蒸しぬ

建長円覚古寺の
  山門高き松風に
    昔の音やこもるらん



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko