えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

従軍行
じゅうぐんこう
著者夏目 漱石
文字遣い旧字旧仮名
底本 「漱石全集 第十二卷 初期の文章及詩歌俳句」 岩波書店
1967(昭和42)年3月30日
初出「帝國文學」 1904(明治37)年5月10日
入力者フクポー
校正者きゅうり
公開 / 更新2020-01-05 / 2019-12-28
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より




吾に讎あり、艨艟吼ゆる、
      讎はゆるすな、男兒の意氣。
吾に讎あり、貔貅群がる、
      讎は逃すな、勇士の膽。
色は濃き血か、扶桑の旗は、
      讎を照さず、殺氣こめて。



天子の命ぞ、吾讎撃つは、
      臣子の分ぞ、遠く赴く。
百里を行けど、敢て歸らず、
      千里二千里、勝つことを期す。
粲たる七斗は、御空のあなた、
      傲る吾讎、北方にあり。



天に誓へば、岩をも透す、
      聞くや三尺、鞘走る音。
寒光熱して、吹くは碧血、
      骨を掠めて、戞として鳴る。
折れぬ此太刀、讎を斬る太刀、
      のり飮む太刀か、血に渇く太刀。



空を拍つ浪、浪消す烟、
      腥さき世に、あるは幻影。
さと閃めくは、罪の稻妻、
      暗く搖くは、呪ひの信旗。
深し死の影、我を包みて、
      寒し血の雨、我に濺ぐ。



殷たる砲聲、神代に響きて、
      萬古の雪を、今捲き落す。
鬼とも見えて、焔吐くべく、
      劍に倚りて、眥裂けば、
胡山のふゞき、黒き方より、
      銕騎十萬、※[#「くさかんむり/奔」、U+83BE、470-14]として來る。



見よ兵等、われの心は、
      猛き心ぞ、蹄を薙ぎて。
聞けや殿原、これの命は、
      棄てぬ命ぞ、彈丸を潛りて。
天上天下、敵あらばあれ、
      敵ある方に、向ふ武士。



戰やまん、吾武揚らん、
      傲る吾讎、茲に亡びん。
東海日出で、高く昇らん、
      天下明か、春風吹かん。
瑞穗の國に、瑞穗の國を、
      守る神あり、八百萬神。
――明治三十七年五月十日『帝國文學』――



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko