えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

私生児の方言
しせいじのほうげん
作品ID58761
著者柳田 国男
文字遣い旧字旧仮名
底本 「定本柳田國男集 第十五巻」 筑摩書房
1963(昭和38)年6月25日
初出「民族 二卷五號」1927(昭和2)年7月
入力者フクポー
校正者津村田悟
公開 / 更新2022-12-22 / 2022-11-26
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 前號以後に知り得たる二三の例。
 近江伊香郡でツキヨゴ、三十餘年前の縣の方言調査書に出て居る。私通をツキアヒといふ土地もあるが、此郡ではどうであらうか知らぬ。もし月夜兒であつたら面白いと思ふ。關東諸縣には山中の平地に、月夜野といふ地名が多い。或は夜中そこに集まつて、何か祭を營んだ故跡では無いかと思つて居る。それと關係があつたとしたら、注意して見なければならぬ。
 三河碧海郡誌には、シクジリコ、或はホッタゴ、テテナシゴともいふとある。ホッタゴは多分前の「出雲方言」のフリタゴと一つであらう。
 信濃西筑摩郡誌には、ヒジョッコ、又はピチョシコ、ビンコとも謂ふとある。同書に扶助兒ならんと説いて居るのは當てずつぽうで、是も同縣下水内郡のヒジョッコと同じく、ヒロイッコからの轉訛に相違ない。併し何が故に棄兒と名を同じくするかは、まだ我々にも解説し得ない。
 遠江周智郡誌にはイボッコ。但しこれは同國磐田郡の如くツボッコであるのを、誤植したのでは無いかとも疑はれる。土地の人に尋ねて見る必要がある。
 北秋田の大館附近では、同縣仙北郡と同じホンマチゴと謂つて居る。ホンマチは私貯財産のことである。
 美濃山縣郡誌にはマツボリゴ。マツボリもホンマチ、フリタ、シンガイと同じく私の財産のことであるから、此意味は略[#挿絵]分つて居る。
 此序に、佐渡では連れ子のことをセナカウチゴと謂ふさうだ。恐らく義父の按摩でもさせる子といふ輕い名で、母親の負擔といふやうな、考へた意味は無いのであらう。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2023 Sato Kazuhiko