えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

月は中天に
つきはちゅうてんに
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「中野鈴子全詩集」 フェニックス出版
1980(昭和55)年4月30日
入力者津村田悟
校正者夏生ぐみ
公開 / 更新2018-10-11 / 2018-09-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


土も凍る夜
友と二人
炭のない部屋にねむろうとしている
われらの「戦旗」がいま
二三の女の手にカギが渡され
必死のこぶしを
彼らの靴先が踏みくだこうとしている

友の夫 わたしの兄たち
いく百の前衛は牢や
いく千の兵士は満洲の戦場に狩り出され
友と二人
破れた雨戸の部屋にねむろうとしている

ガラスの窓に月が冴えて光る
月は中天に輝々として



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko