えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

途中で
とちゅうで
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「中野鈴子全詩集」 フェニックス出版
1980(昭和55)年4月30日
初出「婦人戦旗 第一巻第二号」戦旗社、1931(昭和6)年8月1日
入力者津村田悟
校正者夏生ぐみ
公開 / 更新2019-01-24 / 2018-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


わたしは途中で一人の女とすれちがった
女のかおは白粉と紅で白く赤く美しかった
背が高くふっくら円かった
年は二十三四
そして藤色チリメンの長袖
厚いフェルト草履の大股でトットッと歩いて行った
それは大変に自慢そうで
からだ全体が得意で一ぱいのようだった
わたしは洗いざらしの浴衣を着て
青じけた顔をうつむけて通りすぎた

わたしは顔をうつむけて通りすぎた
そうしてわたしは振りかえった

振りかえった時
わたしの胸はわくわくとこみ上げた
いくらでも威張りなさい
いくらでもおけつを振りなさい
あなたがそうしてじゃらじゃらしている間に
わたしたちが何をしようとしているか
何処に向かって着々としているか
高慢ちきな娘よ
この陽に焼けたゆがんだ顔で
みすぼらしいわたしたちが何をしでかすか
何をしでかすか

振りかえった時
わたしの胸はわくわくとこみ上げた
わたしの胸は色あせた浴衣の中で焼けた



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko