えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

あつき手を挙ぐ
あつきてをあぐ
著者中野 鈴子
文字遣い新字新仮名
底本 「中野鈴子全詩集」 フェニックス出版
1980(昭和55)年4月30日
初出「国民文学」1942(昭和17)年7月号
入力者津村田悟
校正者夏生ぐみ
公開 / 更新2019-06-21 / 2019-05-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


都会、町、部落、
何処にも
朝鮮の人たち満ち溢れ
働き  たたかい
生活を打ち立て

話す言葉 国語正しく
われら朝夕
親密濃く深まりつつ

出征、入営を送る折々には
先んじて旗振り、万歳を叫ぶ
朝鮮の人たち

朝鮮の人等
手に力こもり、唇は叫びつつ

心の底に徹し得ぬものがあるならん
常にわれかく思い 心沈みし


朝鮮に徴兵制布かる

こころ新たに
あつき手を挙ぐ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko