えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

骸骨島の大冒険
がいこつとうのだいぼうけん
作品ID59099
著者山本 周五郎
文字遣い新字新仮名
底本 「山本周五郎探偵小説全集 第一巻 少年探偵・春田龍介」 作品社
2007(平成19)年10月15日
初出「少年少女譚海」1930(昭和5)年10月~12月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者良本典代
公開 / 更新2022-07-27 / 2022-06-26
長さの目安約 34 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

招待状来る!

 春田博士邸では、朝食で賑っていた。
「龍介もだいぶ色々な事件で働いてきたが、一番面白かったのは何だね?」
 そういって博士は笑いながら、長男の龍介少年を見やった。龍介君は府立第×中学の二年生で、大変に頭の良い少年だった。
「そうですね、面白いか面白くないかと云うことでなしに僕が一番苦心したのは、やっぱりあの黄色金剛石の頸飾事件の時でしたね」
 龍介は珈琲を啜りながら答えた。頸飾事件と云うのは、わが「譚海」の八月号に乗っていたので、皆様の内には覚えている方もあるでしょう。あの怪しい外国人、額にあざのあるヤンセンを向うにまわして、一騎討をした事件です。
「なる程――」博士は頷いて云った、「あの時は相手が、龍介に復讐をするためにやったのだからな。ところでヤンセンはあれから牢舎へ入れられたが、あの時いた混血児の少年はその後どうしたか分らないかね」
「分りません。しかし、いまにきっと現われますよ、奴はヤンセンの仇を討つために、どこかで僕を狙っているに違いありませんからね」
 話している時、書生が入ってきて、
「龍介様にお手紙でございます」と手紙を渡した。
「誰からだろう?」
 呟きながら龍介が披いて見ると、それは立派な金枠入の招待状であった。
「貴下が少年の身を以て、今日まで幾多の困難な探偵に成功されたことをお祝いします。私は世界の探偵の仕事を研究するために亜米利加からきた者ですが、貴下のためにお祝の晩餐を差上げたいと思いますから、今晩六時、日本ホテルまで御来車下さいますように。
米国犯罪学者
メトラス博士」
「ああメトラス博士か」春田博士が傍からいった。
「博士は世界中に有名な学者だよ。あの方に招待されるのは大変な名誉だぞ」
「しかし父様――」龍介が顔をあげて答えた。
「明日は横須賀で、父様の発明したC・C・D潜水艦の試運転があるんでしょう。だから僕、今夜は早く寝たいんですがね」
「なあに、招待されたって早く帰ってくればいいさ、ぜひお伺いするがいいよ」
 博士はたいそう乗気で、熱心に龍介を勧めるのであった。龍介は遂にメトラス博士の招待を受けることに決心した。

二人は見張りに[#挿絵]

 その日の夕方であった。
 龍介は仲良しの拳骨壮太と、妹の文子をつれて、自動車で日本ホテルへ向った。
 日本ホテルの角までくると、龍介は車を停めて、壮太と文子を下ろした。
「じゃ頼んだよ――」龍介はひくい声で囁いた。
「今夜の招待会は、ことによると面白いことになるかも知れないんだ。いいかね、メトラス博士の部屋は二階の五号、そらあの左から三番目の明るい窓がそうだ。よく見張っていてくれたまえ」
「よござんすとも春田さん!」拳骨壮太は胸を叩きながら答えた。「見張の方は引受けやした。しばらく拳骨を使わねえから、腕が呻って仕方がねえんです。どうか喧嘩でもできるようにしておく…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko