えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

北越雪譜
ほくえつせっぷ
副題04 北越雪譜二編叙
04 ほくえつせっぷにへんじょ
著者山東 京山
文字遣い新字旧仮名
底本 「北越雪譜」 ワイド版岩波文庫、岩波書店
1991(平成3)年12月5日
初出「北越雪譜二編四巻」文溪堂、1841(天保12)年11月
入力者富田晶子
校正者きゅうり
公開 / 更新2020-01-27 / 2019-12-27
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

北越雪譜六巻越後塩沢ノ鈴木牧之老人雪窗囲ミレ炉ヲ寒燈隠ルノレ几ニ随筆ナリ、其事出テ二実脚ニ一徒ラニ非二構ヒレ空ヲ架スルレ虚ニ之談ニ一、然ドモ翁固リ不三必シモ期二於梓行ヲ一矣、嚮者ニ郵筒シテ懇二乞ス校正ヲ一、為レ之ガ芟二刈蕪蔓ヲ一[#挿絵]二[#挿絵]シ菁英ヲ一先ヅ輯メ二三巻ヲ一以為シ二初編ト一、告テレ翁ニ使ム三書肆文渓堂ヲシテ刊二布レ之一、然後越雪之奇千彙万状供シテ二臥遊ノ資ニ一錦室ノ婦妾市窓ノ妻婢モ得三詳知二越※[#「雨かんむり/彗」、U+4A2E、163-5]ヲ一、解士通人モ或ハ云フ格致之一助ナリト、爰ヲ以雪譜之名頗ル踴躍セリ、於レ是乎書肆頻リニ乞フ二嗣撰ヲ一、盖以レ知二其ノ残稿在ルヲ一也、余謂不シテハレ踏二越地ヲ一不レ可レ説ク二越事ヲ一、仍テ丁酉之夏携ヘ二児京水ヲ一越遊スルコト数十日有リ二紀行ノ作一、再採リ二数修ヲ一刪二補シテ翁之残稿ヲ一以為シ二二編ト一稿定テ将[#「将」の左に「ス」のルビ]ニ三置ント二序言ヲ一焉、頃者暁春連日放チレ晴紅酣ニ緑戦ヒ花神旺壮シテ遊心勃興ス、欲ス下詣二賽シテ成田山威怒王祠ニ一以療セント中錐毛之痾ヲ上矣、夫レ成田山香火之盛ナル世之所レ知也、凡自二江戸一到ル二成田ニ一者抵リ二小網※[#「衙」の「吾」に代えて「共」、U+8856、163-9]橋岸ニ一買ヒ二搭船[#「搭船」の左に「ノリアヒ」のルビ]ヲ一水路直ニ往ク二行徳ニ一、都人皆以為ス二捷径[#「捷径」の左に「チカミチ」のルビ]ト一、盖行徳ハ一市会也、不レ必トセ二成田香火者ヲ一搭船常ニ歯二列シテ于橋岸ニ一待ツ二行客ヲ一、是以俗呼デ二茲岸ヲ一云ヒ二行徳河岸ト一呼デ二茲ノ船ヲ一云フ二行徳船ト一、余モ亦臨レ此ニ搭船ス、其所ノ二供載一者多ハ是庸卑雑沓猥褻衆口喋[#挿絵]タリ、余ガ傍ラ在リ二一僧一士一商一、僧年歯六十許従フ二一童僧ヲ一、士ハ可二二十四五一誇觜軽俊殆ンド似リ二学究ニ一、商ハ半老[#左にルビ付き]※憧市様[#左に「タナモノフウ」のルビ付き終わり]、相ヒ倶ニ接ユレ膝ヲ、余ハ箝黙シテ不三敢テ出サ二一語ヲ一、瓦屋漸尽キ両岸茅葺桜花浮ベレ雪ヲ[#挿絵]柳吐キレ烟ヲ村落ノ春景百逞如クレ画ノ頗ル水行之会心也、船既ニ過ギレ半途ヲ庸卑多ハ就キレ眠ニ[#挿絵]々自ラ罷ミ寥々可シレ悦ブ、壮士出シ二墨斗ヲ一持シテ二懐楮ヲ一[#挿絵][#「りっしんべん+夢」、U+61DC、163-12]レ句ヲ、果シテ是書生也、老僧ハ以二靉靆鏡[#「靉靆鏡」の左に「メカネ」のルビ]ヲ一披ラクレ書、士閣テレ筆ヲ曰尊者ノ所レ執ル是レ何ノ書ゾ、僧曰北越雪譜ナリ、士曰僕甞テ読ムレ之ヲ兎園ノ冊子何ゾ足ン二以閲一、僧曰貧道一タビ錫ヲ留メ二于北ニ一親シク知ル二越雪ヲ一故特ニ購レ之供ス二以読ムニ一矣、今閲ルニ二京山人ノ序ヲ一彼レ少ク識ルレ字ヲ乎、士曰否々不レ然、夫レ京山者文場之奴隷[#「奴隷」の左に「シモベ」のルビ]芸苑之[#左にルビ…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko