えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

幸福のなかに
こうふくのなかに
作品ID59310
著者佐藤 春夫
文字遣い新字新仮名
底本 「定本 佐藤春夫全集 第26巻」 臨川書店
2000(平成12)年9月10日
初出「読売新聞 夕刊」1964(昭和39)年1月13日
入力者よしの
校正者津村田悟
公開 / 更新2021-04-09 / 2021-03-27
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告



本文より


 これが第六回目の年男であろうか。あともう二回ぐらいは年男になれそうな気もするがあと三回はむずかしいかも知れない。
 明治二十五年壬辰の四月九日はどんないい星まわりの日であったか、わたくしは森羅万象から美を見いだす能力を与えられ、また師友や家族のすべての愛情の中に生きることのできるのは、われながら、よほど祝福された身の上と思う。去年は偶然にも紅葉の美を満喫したから、ことしは花をぞんぶんに見たいものである。それから月や雪やそのほか。生きて見るべく楽しむべきものも多い。幸福であるからもっと生きていたいとも思う。しかし全く同じ理由でいつこの生を終わっても悔いがないような気もする。
習作のかずかずを書き紙屑の山に埋もれて老いけり我は
 とは本年のお題「紙」に因んで口吟してみた腰折れであるが、実のところわたくしはあまり紙くずを多くつくる方でもなし、また自分の習作の全部を紙くずと思うほど、それをやすっぽく値ぶみしてもいない。
 それにしても、もうそろそろライフワークとやらを心掛けてもよいかも知れない。そのテーマの腹案も無いでもないが、果たしていつできるやら、できないやら。作品も自力だけで成るものではなく機縁がなければどうにもならないから、むやみとはあせらない。できたらうれしいが、できなければそれでもよいような心境である。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko