えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

白根山
しらねさん
著者三好 達治
文字遣い旧字旧仮名
底本 「三好達治全集第一卷」 筑摩書房
1964(昭和39)年10月15日
入力者kompass
校正者杉浦鳥見
公開 / 更新2019-06-26 / 2019-05-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


白根山 寥落として 草もなし
煙たつ
見ゆ
白土尾根に

ほのかなる
硫黄のかをり 吹きかよへ
芳が平の
秋風のうち

行き行きて
かへるときなき心地すれ
鳥さへ飛ばぬ
白根山路

草もなし
木もなし
されば 路もなし
湯鳴りさみしき 白埴の山

ここすぎて
人かなしみの國にいる
地獄の門に
にたる山かな

うかりける 身に杖つきて
いまははや
ものも思はず
白根山越ゆ

かうかうと
前に高嶺はとどろけり
なゐふる空に
雪ふりいでぬ

たちまちに
吹雪となりぬ
一莖の 草だにもなき
天地のきは

いつの世の
火かやきにけん
疎らなる 木立はありて
風の聲すれ

はたたがみ
土にこもらふ白根山
越えさりゆけば
耳しひにけり



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko