えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo関連書籍検索

わが路ゆかむ
わがみちゆかむ
著者三好 達治
文字遣い旧字旧仮名
底本 「三好達治全集第一卷」 筑摩書房
1964(昭和39)年10月15日
入力者kompass
校正者杉浦鳥見
公開 / 更新2020-08-23 / 2020-07-29
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より


烏帽子見ゆ 四阿[#ルビの「あづま」は底本ではなし] 猫見ゆ
淺間見ゆ
わが路ゆかむ
日の暮るるまで

鎗が嶺に
よべ雪ふりぬ
草枕旅寢の夢を
めざめて見れば

一の枝二の枝
三の枝にふれ
何の落葉か
地におつる音

いくひらの
殘りの落葉おつる音
落葉林に
ひびかひにけり

黄金なす陽は落ちにけり
はやもはや
雪の山山
藍にかげろふ

芋はこぶ
車の越ゆる峠路や
頬白ないて
秋の海見ゆ

岨路に ふとたちどまり
仔の犬の
ポチのあふげる
四十雀のむれ

大沼の
渚に われらまどゐして
うちあふぎたり
鷲ひとつまふ

聲ありて つと
もだしたる 木の下の
えぞ蟲くひの
青き眉かな

閃々と
啄木の聲すれ
その鳥の 姿は
見えず 落葉の路

こぞの秋
この細みちをこしときも
啼きてゐたりし
啄木の聲かな

けらつつき
よびとめられし身ぶりして
ふりかへりたる
秋の大空

ほしがらす
ひそかに一羽ゐたりけり
街の夕べの
羅紗賣りめける

山峽の
夕べの池ゆ
鴨どりは舞ひたちにけり
五十羽百羽

秋深き
岩寥山のいただきに
降りなむとして
舞へる鷲かな

ひようひようと
間なくしよばふ 一むれの[#「間なくしよばふ 一むれの」は底本では「間なくしよばふ一むれの」]
鷽あらはなる
枯木立かな

越の山 信濃の山の
高山の
はじめの雪は
わきてたふとし

山の湯の
赤犬のうめりし 仔の犬の
眼をつむりなく
初雪の朝

紀の國の
つまのたよりもまれらなり
雪あたらしき
むかつ山なみ

紀の國のわがうまし子は
いかばかり 生ひたちにけむ
山は
はや雪

やうやくに
老いを嘆ずる身となりぬ
樺の小徑の
秋の日の暮れ

晝飯のおん握り飯
つめたきを
風にふかれて
食ふ枯野かな



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko