えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

蠅のはなし
はえのはなし
原題STORY OF A FLY
著者小泉 八雲
翻訳者大谷 正信
文字遣い新字新仮名
底本 「小泉八雲全集第八卷 家庭版」 第一書房
1937(昭和12)年1月15日
入力者館野浩美
校正者大久保ゆう
公開 / 更新2019-11-17 / 2019-10-28
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

 二百年ばかり前に、京都に飾屋九兵衞という商人が居た。店は島原道の少し南の、寺町通という町にあった。下女に――若狭の国生れの――玉というが居た。
 玉は九兵衞夫婦に親切に待遇されていて、誠に二人を好いているように見えていた。が、玉は他の女の子のように綺麗な著物を著ようとはしないで、休暇を貰うと、美しい著物を数敷貰っていながら、いつも仕事著を著て出るのであった。五年ばかり九兵衞に奉公してからのこと、ある日九兵衞は、どうして身綺麗にしようと骨を折らぬのかと彼女に訊ねた。
 玉はその問いにこもっている非難に顔を赧らめて、恭しくこう答えた。
『私の双親が死にました時は、私はまだ小さな子供でありました。ところが他に子供がありませんでしたから、二人のために法要を営むことが、私の義務になりました。その時分にはそうする程のお金を拵えることが出来ませんでした。しかしそれに入用な金が儲けられたなら、早速二人の位牌を、常楽寺というお寺へ置いてもらい、また法要を営んで貰おうと決心しました。それでその決心を果たすために、お金と著物とを節約しようと力めました。――自分の身のことを構わぬと、お気付きになる程でありますから、余り節倹し過ぎているのかもしれません。しかし、お話し申し上げました目的のために、銀百匁ばかりの貯蓄がもう出来ましたから、この後はあなた様のお前へ身綺麗にして出るように致しましょう。これまでの懈怠と失礼とを、どうか御免し下さいますようお願い致します』
 九兵衞はこの率直な自白に感心したので、その女に親切な言葉をかけて、その後、どんな著物を著ようと、自分の勝手だと思ってよいからと受合い、且つまた、その親孝行を賞めてやった。

 二人のこの会話があってから間も無く、下女の玉は、その双親の位牌を常楽寺に置いてもらい、また相当な法要を営んで貰うことが出来た。貯えた金のうち、斯くして七十匁費やした。そして残り三十匁を、主人の妻に預っておいて下さいと頼んだ。
 ところが、翌冬の初めに玉は急に病気になった。そして暫時、煩った挙句、元禄十五年(一七〇二年)正月の十一日に死んだ。九兵衞と妻とはその死を大いに悲しんだ。

 さて、それから十日ばかり後、非常に大きな蠅が一匹その家へ入って来て、九兵衞の頭の[#挿絵]りを飛び始めた。どんな蠅も、大寒中には大抵は出て来るものでは無いし、大きい蠅は暖かい季節でなければ滅多に目に当らぬものだから、九兵衞はこれに驚いた。その蠅があまりしつこく九兵衞を悩ますので、わざわざ捉えてそれを戸外へ放り出した、――その間少しもその蠅を痛めぬようにして。それは九兵衞は仏教の篤信者であったからである。直ぐ蠅は戻って来た。そしてまた捉えられてまた投げ出された。が、また入って来た。九兵衞の妻はこれを奇異な事に思った。『玉じゃないかしら』と言った。〔死んだ者――殊に餓鬼の境涯…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko