えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

蛙料理
かえるりょうり
著者久生 十蘭
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 久生十蘭全集 6」 国書刊行会
2010(平成22)年3月25日
初出「朝日新聞」朝日新聞大阪本社、1946(昭和21)年10月7日
入力者かな とよみ
校正者きゅうり
公開 / 更新2020-04-06 / 2020-03-29
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


 むぐらをわけて行くと、むやみに赤蛙がとびだす。ふとフランスで食べた蛙料理を思ひだした。
 牛酪焼の蛙の脚をつまんで歯でしごくと、小鳥よりもやはらかでなんともいへぬ香気が口の中にひろがる。
「おい、蛙のソーテは乙だつたな」といふと、並んで歩いてゐた石田が、
「おれもそれを考へてゐたところだ。こいつを忘れてゐたのは醜態だよ。おい、やらう」
「やつてもいゝが、皮を剥ぐのはごめんだ」
「脚首ンとこをむしつて、ぴいつとひつぱがすんだ。手袋をぬぐより楽だ。おれがやる」
 三十何匹おさへつけて帰つたが、間もなく石田がソーテにして持つてきた。
 なかなかよろしい。が、チトめうだ。
「こんな長い脛の蛙がゐたかなア」
「やや、見あらはされたか。どうも、やりかねてねえ、しやうがないから、隣にたのんで兎を一匹つぶしてもらつたんだ。おかげで八十円がとこ損をした」と頭を掻いた。



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko