えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

油を搾る話
あぶらをしぼるはなし
作品ID59572
著者中谷 宇吉郎
文字遣い新字新仮名
底本 「中谷宇吉郎随筆選集第一巻」 朝日新聞社
1966(昭和41)年6月20日
入力者砂場清隆
校正者きゅうり
公開 / 更新2021-03-11 / 2021-02-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 いつか江戸前の天ぷら屋で天ぷらを喰った時に主人から聞いた話である。
 油は榧の油と胡麻油とを半々に割って使っています。手搾りの油があれば胡麻ばかりの方が良いのですが、この頃じゃ機械搾りしかありませんから胡麻だけでは少ししつこくなりますので。
という話なのである。しかし機械の方が巧く搾れそうなものだときいたら、「駄目ですね、とことんまで搾ってしまいますから」という返事であった。
 これはなかなか面白い話のようである。機械で、手搾り程度に搾って、それを手搾りと機械搾りとの中間くらいの値段で売れば、天ぷら屋も喜ぶし油屋も儲かるはずであるが、なかなか実行はされないことらしい。この話は大仰に云えば、現代の経済組織の一つの相であると見られないこともない。もし以上のことをよく了解した製造家があったら、その人は機械を使って手搾り程度に止めて置くかというに、多分それはしまいと思われる。理由は本当に了解するということが、このような簡単な場合にも殆んど不可能に近いくらい困難なことであるからであろう。
(昭和十一年十一月)



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko