えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

夜間教育の振興
やかんきょういくのしんこう
著者嘉納 治五郎
文字遣い旧字旧仮名
底本 「夜間實業教育」 全國夜間實業學校聯合會
1935(昭和10)年10月15日
入力者かな とよみ
校正者植松健伍
公開 / 更新2020-10-28 / 2020-09-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より


 最近わが國の教育は、之れを一般的に言へば、その形式の方面にも、その内容の方面にも、著しい進歩が認められるけれども、ひとり夜間教育に於ては、その學校數及生徒數の上から見ても、その設備内容の上から見ても、未だ歐米大國に比して遜色を見る實状に在ると言はねばならない。
 然るに夜間學校に通學する子弟の多くは、晝間業務に服して獨立自營能く乏しきに堪へながらも、猶研學の念に燃えて、夜間校門をくゞる健氣な青年達である。彼を思ひ、此を思ふ時に、わが國の朝野の識者が夜間教育のために助力を致され、その向上に資せられたいと願はざるを得ないのである。
 殊に世の富豪が夜間教育の重大性と現實の状態とを認識されて、夜間教育に對し、夜學生に對して援助されることは、たゞに夜間教育の進展のためのみならず、社會政策の一として極めて有意義なものがあらうと思ふ。
 今回文部省編纂に成る夜間實業教育史が、全國夜間甲種實業學校聯合會によつて上梓されるに當り、求めに應じて茲に一言した次第である。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko