えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

いさましい ちびの仕立屋さん
いさましい ちびのしたてやさん
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2020-01-04 / 2019-12-28
長さの目安約 23 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

 ある夏の朝のことです。ちびの仕立屋さんが窓ぎわの仕立台にむかって、いいごきげんで、いっしょうけんめい、ぬいものをしていました。
 すると、ひとりのお百姓さんのおかみさんが通りをやってきて、
「じょうとうのジャムはどうかね、じょうとうのジャムはどうかね。」
と、よばわりました。
 この声が、ちびの仕立屋さんの耳に、いかにも気持ちよくひびいたのです。それで、仕立屋さんは小さな頭を窓からつきだして、よびとめました。
「ここへあがってきてくれよ、おかみさん、その荷がからになるぜ。」
 おかみさんはおもいかごをかかえて、階段を三つあがって、仕立屋さんのところへきました。そして、いわれるままに、ジャムのつぼをのこらずあけてみせました。仕立屋さんはそのつぼをみんなしらべて、いちいちもちあげては、鼻をくっつけてみました。そのあげくのはてに、こういいました。
「よさそうなジャムだね、おかみさん。四ロート(一ポンドの約三十分の一)ばかりはかっておくれ。なに、四分の一ポンドぐらいあったってかまやしないよ。」
 たくさん買ってもらえるとばかり思っていたおかみさんは、仕立屋さんのくれというだけをはかってわたしましたが、ぷんぷんおこって、ぶつぶついいながらいってしまいました。
「このジャムは、神さまがおれにめぐんでくださったんだ。」
と、仕立屋さんは大きな声でいいました。
「これで強い力をさずけてくださるんだ。」
 仕立屋さんは戸だなからパンをだしてきて、大きなパンのかたまりからひときれ切りとって、その上にジャムをぬりつけました。
「こいつはにがくはないだろう。だが、食べるまえに、このジャケツをしあげちまおう。」
と、仕立屋さんはいいました。
 そこで、仕立屋さんはパンをじぶんのわきにおいて、またぬいはじめました。けれども、うれしいものですから、つい、ぬいかたがだんだんあらくなってきました。
 そのうちに、ジャムのあまいにおいが、ハエのたくさんとまっている壁をつたっていきました。ハエはにおいにさそわれて、パンの上にいっぱいあつまってきました。
「やい、やい、だれがきさまたちにきてくれっていった。」
 仕立屋さんはこういって、よびもしないのにやってきたお客さんたちを追っぱらいました。けれども、ハエたちには、ドイツ語なんかわかりません。ですから、追いはらわれるどころか、だんだんになかまの数をふやしては、なんどもなんどももどってくるのでした。
 こうしているうちに、とうとう、仕立屋さんのかんしゃくだまが爆発しました。仕立屋さんは仕立台の穴から布きれをつかみだして、
「待ってろ、こいつをくれてやる。」
と、さけぶがはやいか、そのきれで思いきってハエをたたきました。
 仕立屋さんがきれをとってかぞえてみますと、ちょうど七ひきのハエが目のまえに死んで、手足をのばしています。
「なんて弱虫なんだ。…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko