えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

人工衛星へ汲取舟が行く話
じんこうえいせいへくみとりぶねがいくはなし
作品ID59784
著者中谷 宇吉郎
文字遣い新字新仮名
底本 「中谷宇吉郎随筆選集第三巻」 朝日新聞社
1966(昭和41)年10月20日
初出「毎日新聞」1957(昭和32)年12月
入力者砂場清隆
校正者木下聡
公開 / 更新2022-07-14 / 2022-06-26
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 本当に人間が住める人工衛星が、いつごろ出来るかは、いまのところまだわからない。しかし十年ぐらいのうちには出来るだろうというのが、一般の見通しになっている。数年の誤差はあっても、いずれ出来るには、ちがいない
 ところでそうなった時に、一番困るのは排泄物の処理である。小便の方は再生して純水をとり、それを水として使うとしても、カスが出る。それと大便とは、何とかして捨てなければならないが、人工衛星の軌道の上では捨てるところがない。
 重力のないところでは、ものを捨てても、そのままいつまでも目の前に浮いている。そんなものがいつまでも窓の外に浮いていられては困る。爆薬をしこんで、外で爆発させても、そのチリは軌道に近いところを宇宙塵となって回ることであろう。地球のまわりに、そんなもので「土星の環」ができるのは、どうもありがたくない。
 それでは小さいドラムかんにつめて、小型ロケットをつけて放り出し、軌道速度と逆の方向に噴射させたらということも考えられる。そうすれば速度が落ちるので、ドラムかんは軌道をはずれ、地球に向って落ちてゆく。そして大気圏にはいると、流星となって燃えてしまう。これもどうも、何となく後味の悪い案である。中秋の明月の晩、月をめでていると、スーッと流星がとぶ、これがあれだと思うと、月見の宴もだいぶ興がそがれるであろう。
 一番よいのは、地球へもって帰って捨てる案である。どうせいろいろな物資を補給するための宇宙ボートが、人工衛星へものを届けるにちがいない。その帰りに持って帰ってもらうのが一番簡単である。帰りは汲取舟になるわけである。
 宇宙時代になっても、やはり汲取舟は必要だというのが、人間なのである。
(昭和三十二年十二月)



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko