えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

歌をうたう骨
うたをうたうほね
作品ID59836
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2022-02-24 / 2022-01-28
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 むかし、ある国で、イノシシがお百姓さんの畑をあらしたり、家畜を殺したり、人間をきばで八つざきにしたりするので、たいへんこまったことがありました。
 王さまは、だれでもこのわざわいから国をすくってくれるものには、たくさんのほうびをつかわす、と約束しました。ところが、そのけものはものすごく大きくて、力が強いので、だれひとりそのけもののすんでいる森に近づこうとするものはありませんでした。
 とうとうしまいに、王さまは、このイノシシをつかまえるか、殺すかしたものには、じぶんのひとりむすめを妻にやろう、というおふれをだしました。
 さて、この国にふたりの兄弟が住んでおりました。あるまずしい男のむすこたちでしたが、このふたりが名のってでて、このたいへんな冒険をやってみよう、ともうしでました。にいさんのほうは、ずるがしこい男で、思いあがった気持ちからこの冒険をやろうとしたのです。しかし、弟のほうはむじゃきな、おめでたい男なので、すなおな気持ちからやろうとしたのでした。
 王さまは、ふたりにいいました。
「おまえたちは、それぞれ反対のがわから森にはいっていくがよい。そのほうが、いっそうたしかにけものを見つけることができよう。」
 そこで、にいさんは西のほうから、弟は東のほうから森のなかへはいっていきました。弟がしばらく歩いていきますと、むこうからひとりの小人がやってきました。小人は手に一本の黒い槍をもっていましたが、弟にむかって、
「おまえは、罪のない、いい人間だから、この槍をあげよう。この槍をもって、安心してイノシシにむかっていきなさい。イノシシはおまえにわるいことをなんにもしやしないよ。」
と、いいました。
 弟は小人にお礼をいいました。そして、その槍を肩にかついで、なにものもおそれずに、ずんずん森のおくへはいっていきました。まもなく、弟はそのけものを見つけました。イノシシは弟めがけて、まっしぐらにとびかかってきました。弟はイノシシにむかって槍をつきだしました。と、イノシシはやみくもにそれにつっかかり、ぐさりとつきささって、心臓がまっぷたつになってしまいました。
 そこで、弟はこの怪物を肩にかついで、こいつを王さまのところへもっていこうと思いながら、かえり道につきました。
 弟が森の反対がわからでてきますと、森のはいり口のところに一軒のうちがあって、そこでおおぜいの人たちが、おどったり、お酒をのんだりして、大さわぎをしていました。
 ところで、にいさんのほうは、イノシシはにげっこないんだから、まず酒でものんで元気をつけてやれ、と考えて、このうちにはいりこんでいたのでした。
 ところがそのとき、弟がえものをかついで森からでてきたのです。それを見ますと、にいさんは弟がねたましくなって、胸のうちによくない気持ちがむらむらとわきおこってきました。そこで、にいさんは弟によびかけ…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko