えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

おりこうハンス
おりこうハンス
作品ID59837
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2022-02-23 / 2022-01-28
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 ハンスのおかあさんが、
「ハンスや、どこへいく。」
と、たずねます。
 すると、ハンスがこたえます。
「グレーテルんとこさ。」
「うまくやるんだよ、ハンス。」
「ああ、うまくやるとも。あばよ、おっかあ。」
「あばよ、ハンス。」
 ハンスはグレーテルのところへきます。
「こんちわあ、グレーテルさん。」
「こんちは、ハンスさん。なにかいいものもってきてくれて。」
「なんにももってきやしないよ。なんかくれるものない。」
 グレーテルはハンスに針を一本やります。ハンスは、
「さよならっ、グレーテルさん。」
と、いいます。
「さよなら、ハンスさん。」
 ハンスはその針をとって、ほし草の車へつきさして、じぶんはその車のあとからかえっていきます。
「ただいまあ、おっかあ。」
「おかえり、ハンス。どこへいってたの。」
「グレーテルんとこへいってた。」
「おまえ、なにをもってってやったの。」
「なんにももってきゃしない。むこうでくれたよ。」
「グレーテルがおまえになにをくれたの。」
「針をくれたよ。」
「その針はどこにあるの、ハンス。」
「ほし草の車へさしといた。」
「ばかなことをしたねえ。ハンスや、針はそでにさしとくもんだよ。」
「どっちだっていいや。こんだあ、うまくやるよ。」
「ハンスや、どこへいく。」
「グレーテルんとこさ、おっかあ。」
「うまくやるんだよ、ハンス。」
「ああ、うまくやるとも。あばよ、おっかあ。」
「あばよ、ハンス。」
 ハンスはグレーテルのところへきます。
「こんちわあ、グレーテルさん。」
「こんちは、ハンスさん。なにかいいものもってきてくれて。」
「なんにももってきやしないよ。なんかくれるものない。」
 グレーテルはハンスにナイフを一ちょうやります。
「さよならっ、グレーテルさん。」
「さよなら、ハンスさん。」
 ハンスはナイフをそでにさして、うちへかえっていきます。
「ただいまあ、おっかあ。」
「おかえり、ハンス。どこへいってたの。」
「グレーテルんとこへいってた。」
「おまえ、なにをもってってやったの。」
「なんにももってきゃしない。むこうでくれたよ。」
「グレーテルがおまえになにをくれたの。」
「ナイフをくれたよ。」
「そのナイフはどこにあるの、ハンス。」
「そでにさしといた。」
「ばかなことをしたねえ。ナイフはふくろにいれとくもんだよ。」
「どっちだっていいや。こんだあ、うまくやるよ。」

「ハンスや、どこへいく。」
「グレーテルんとこさ、おっかあ。」
「うまくやるんだよ、ハンス。」
「ああ、うまくやるとも。あばよ、おっかあ。」
「あばよ、ハンス。」
 ハンスはグレーテルのところへきます。
「こんちわあ、グレーテルさん。」
「こんちは、ハンスさん。なにかいいものもってきてくれて。」
「なんにももってきやしないよ。なんかくれるものない。」
 …

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko