えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

七羽のカラス
しちわのカラス
作品ID59839
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2021-02-24 / 2021-01-27
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 むかし、ある男に七人のむすこがありました。けれども、むすめはひとりもありませんでした。それだけに、この男はむすめをたいそうほしがっていました。
 そのうちに、おかみさんのおなかが大きくなって、子どもが生まれそうになりました。やがて生まれた子どもは、待ちにまっていた女の子でした。
 この男はどんなによろこんだかしれません。けれども、子どもは小さくて、やせこけていました。そして、からだがよわいため、すぐにかりの洗礼をうけさせなければなりませんでした。
 おとうさんは、男の子のひとりをおおいそぎで泉にやって、洗礼の水をもってこさせようとしました。すると、ほかの子どもたちも、いっしょにかけていきました。そして、みんなが競争で水をくもうとしたものですから、つぼが手からすべって、泉のなかにおちてしまいました。
 みんなはぼんやりつっ立ったまま、どうしていいかわかりません。そして、だれひとりうちにかえろうとはしませんでした。
 おとうさんは、いつまでたってもだれもかえってこないので、いらいらして、いいました。
「きっと、またあそびにむちゅうになって、用事をわすれちまったんだな。しょうのないやつらめ。」
 そのうちに、ぐずぐずしていると、女の子が洗礼もうけないうちに、死んでしまいはしないかと、心配になってきました。それで、ぷんぷん腹をたてて、
「小僧ども、みんな、カラスになっちまえ。」
と、どなりました。
 ところが、こういいおわるかおわらないうちに、頭の上でバタ、バタいう、羽の音がきこえてきました。空をながめますと、炭のようにまっ黒なカラスが、高くまいあがって、とびさっていきます。
 おとうさんとおかあさんは、さっきののろいのことばを、もうとりけすことはできません。ふたりは、七人のむすこをなくしたことを、たいそうかなしみました。でも、かわいらしい女の子がさずかりましたので、それでいくらかはなぐさめられました。
 女の子は、まもなく力もついて、一日ごとに美しくなりました。
 女の子は、じぶんににいさんたちのあったことを、長いあいだ知りませんでした。というのは、おとうさんもおかあさんも、この子のまえで、にいさんたちのことを話さないように気をつけていたからです。
 でも、とうとうある日、みんながこの子のうわさをして、
「あの子は美しいけれども、七人のにいさんたちがあんなにひどいめにあったのは、もとはといえば、あの子のせいなんだからなあ。」
と、いっているのを耳にしました。
 女の子は、すっかりかなしくなってしまいました。そして、おとうさんとおかあさんのところへいって、
「あたしには、にいさんたちがあったんですか。そして、そのにいさんたちはどこへいってしまったんですか。」
と、たずねました。おとうさんとおかあさんも、もうこれいじょう、この秘密をかくしておくわけにはいきません。そ…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko