えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

手なしむすめ
てなしむすめ
作品ID59840
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2021-12-16 / 2021-11-27
長さの目安約 16 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 ある粉ひきの男が、だんだん貧乏になりました。そして、とうとうしまいには、粉ひきの水車と、そのうしろにはえている一本の大きなリンゴの木のほかには、なにひとつないようになってしまいました。
 あるとき、粉ひきが森にはいって、たきぎをとっていますと、見かけたことのない、ひとりのおじいさんが粉ひきのところへやってきて、
「おまえは、なんでそんなにほねをおって木を切っているのだね。おまえが、水車のうしろに立っているものをわしにくれると約束すれば、わしはおまえを金持ちにしてやろう。」
と、いいました。
(それは、あのリンゴの木のことにちがいない。)
 粉ひきはこう考えましたので、
「いいですよ。」
と、こたえて、その知らない男に証文を書きました。
 すると、その男はあざけるようにわらいながら、
「三年たったら、またきて、わしのものをもっていくぞ。」
と、いって、それなりどこかへいってしまいました。
 粉ひきがうちへかえってきますと、おかみさんがむかえにでて、いいました。
「どうしたんだろうねえ、親方。いったいどこから、お金がだしぬけにうちんなかへはいってきたんだろうねえ? そこらじゅうの箱が、きゅうに、みんなお金でいっぱいになってしまったじゃないか。だれももってきたわけじゃなし。どうしたわけなんだか、あたしにゃさっぱりわからないよ。」
 すると、粉ひきはこたえていいました。
「そりゃあ、森のなかでおれがであった、どこかの男のやったことさ。なにしろ、そいつはおれに宝ものをうんとくれるって約束をしたんだからな。そのかわり、おれは水車のうしろに立ってるものをやるって証文を書いたんだ。あの大きいリンゴの木なら、やったってかまやしないさ。」
「まあ、おまえさん。」
と、おかみさんはぎょっとしていいました。
「それは悪魔だよ。そいつのいうのはリンゴの木じゃなくて、うちのむすめのことなんだよ。あの子はちょうど水車のうしろに立って、庭をはいていたんだもの。」
 その粉ひきのむすめというのは、まことに美しい、信心ぶかい子でした。むすめは、それからの三年間というものは、神さまをうやまい、おこないをつつしんでくらしました。
 いよいよ、約束した期限がきれて、悪魔がむすめをつれていく日がきました。むすめはからだをきれいにあらって、チョークでじぶんのまわりにひとすじの輪をかきました。
 悪魔は、はやばやとやってはきましたが、むすめに近よることはできませんでした。悪魔は腹をたてて、粉ひきにいいました。
「むすめから水をみんなとりあげちまって、からだをあらえないようにしろ。でなきゃ、おれはむすめをどうすることもできないじゃないか。」
 粉ひきは、おそろしいものですから、いわれるとおりにしました。
 あくる朝、悪魔がまたやってきました。けれども、むすめは両手を顔にあてて泣いていましたので、その手は涙…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko