えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

なぞ
なぞ
作品ID59842
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者矢崎 源九郎
文字遣い新字新仮名
底本 「グリム童話集(1)」 偕成社文庫、偕成社
1980(昭和55)年6月
入力者sogo
校正者チエコ
公開 / 更新2021-01-29 / 2020-12-27
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 むかし、あるところに、ひとりの王子がおりました。王子は世のなかを歩きまわってみたくなりましたので、忠義な家来をひとりだけつれてでかけました。
 ある日のこと、王子は、とある森のなかにはいりこみました。そのうちに、日がくれてきました。けれども、まだ宿屋が見つかりません。それで王子は、今夜はどこで夜をあかしたものだろうかと、とほうにくれてしまいました。
 と、そのとき、ひとりのむすめが小さい家のほうへ歩いていくのが、目にとまりました。そこで、近よってみますと、それはわかいきれいなむすめでした。王子はむすめに声をかけて、いいました。
「むすめさん、今夜ひと晩、わたしと家来とをとめてもらえませんかね。」
「それはまあ、おとめすることはできますけど。」
と、むすめはかなしげな声でいいました。
「おすすめはいたしませんわ。おはいりにならないほうがようございます。」
「どうしていけないのですか。」
と、王子がたずねました。
 むすめはため息をついて、こたえました。
「じつは、あたしのまま母はわるい術をつかいますし、それに、よそのかたにはしんせつにしないんですの。」
 これをきいて、王子は魔女の家へきたことを知りました。けれども、もうまっくらで、これいじょうさきへいくことはできません。それに、べつにこわいとも思いませんでしたので、王子はなかへはいりました。
 ばあさんは、炉ばたのひじかけいすにこしかけていましたが、赤い目で旅の人たちをじろっとながめました。そして、
「よくきたね、こしをおろして、ゆっくりやすむがいい。」
と、しゃがれ声でいいました。けれども、そのようすはいかにもしんせつそうでした。
 ばあさんは、ぷうぷう炭をふいて、小さなふかいなべをかけ、なにかを煮はじめました。それを見ますと、むすめはふたりに気をつけるように注意して、
「まま母はわるい飲みものをつくっているんですから、どんなものでものんだり、食べたりしてはいけませんよ。」
と、もうしました。
 ふたりは、あけがたまでぐっすりねむりました。
 ふたりはでかけるしたくをすっかりととのえて、王子ははやくも馬にのりました。そのとき、ばあさんがいいました。
「ちょいとお待ち。でかけるまえに、おわかれの飲みものをあげたいからね。」
 ばあさんがその飲みものをとりにいっているあいだに、王子はでかけてしまいました。家来のほうは、馬のくらをしっかりしめなければなりませんでしたので、ひとりだけあとにのこっていました。すると、そこへわるい魔女が飲みものをもって、やってきました。
「これを、おまえさんのご主人にもっていってあげておくれ。」
と、魔女はいいました。
 ところがそのとたんに、コップがわれて、なかの毒が馬にはねかかりました。と、どうでしょう、それはものすごい毒だったものですから、たちまち、馬はその場にたおれて、死んで…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko