えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

書翰
しょかん
副題043 大正十一年九月二十日 川端康成宛
043 たいしょうじゅういちねんくがつはつか かわばたやすなりあて
著者横光 利一
文字遣い旧字旧仮名
底本 「定本 横光利一全集 第十六卷」 河出書房新社
1987(昭和62)年12月20日
入力者橘美花
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2020-04-16 / 2020-03-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


43 九月二十日 兵庫縣神戸市外西灘村鍛冶屋七番中村嘉市方より東京市本郷駒込千駄木町三八槇瀬方の川端康成宛

いつかは來て下さつたさうですね。失敬しました。歸省してゐらつしやつたのですか、私は八月の終りに朝鮮の方へ行つてつい三四日前に表記の所へ腰をすゑてをります。加古川のあなたの番地が分つてゐましたら寄らして貰はうと思つてゐたのですが、もうそちらにゐられると見えますね。十月の中頃には上京しようと思つてゐます。あなたはよく宿をお變りになりますね。然も變つた住所の宅が皆變つた名の所を見ますと、僕のやうな變つた名もお好きですか。お身體を大切に。早々



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko