えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

書翰
しょかん
副題059 大正十三年十一月四日 川端康成宛
059 たいしょうじゅうさんねんじゅういちがつよっか かわばたやすなりあて
著者横光 利一
文字遣い旧字旧仮名
底本 「定本 横光利一全集 第十六卷」 河出書房新社
1987(昭和62)年12月20日
入力者橘美花
校正者きりんの手紙
公開 / 更新2020-06-14 / 2020-05-31
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より


59 十一月四日消印 東京市外中野上町二八〇二より東京市本郷區駒込三十八牧瀬方の川端康成宛(封書・四百字詰原稿用紙五枚・ペン書)

昨日はどうも失禮。
とにかく癪に觸る。加宮や菅は[#「菅は」は底本では「管は」]論ずるに足らないとして、中河だつてさうだ。中河はあれを校正してをきながら、何ぜ俺か君かに一口知らさなかつたのか、もしそれだけの敏感さを持つて知らしてくれたら、俺なり君なり直接菊池氏の所へ行つて菊池氏に撤回させたんだ。もしそれでもきかないなら、そのときはそのときだつたのだ。とにかくあまり誰も彼も鈍感すぎる。かかる鈍感さは罪惡だ。俺たち文藝時代の者の競走心をマークで煽動させてをいて結團心を邪魔させ、その隙に乘じてあの大家達をどつしりと坐らせやうとした腹、憎むべき奴らだ。こんなことに加宮や菅が[#「菅が」は底本では「管が」]鈍感であつたと云ふことは、その鈍感の質が實に下品で露骨で、見るにたへん。これ以上文藝時代ともあらうものが、背競べをさせられて、しかも平氣で背くらべをして大家を持ち上げて默つてゐると云ふその顏つきは見てゐられないではないか。俺は自分一個の腹立たしさではないのだ。
こんなことを平氣で文藝春秋がやつたと云ふことは、第一、君と僕との顏をもうめちやくちやに踏み潰したんだ。君と俺との文藝時代の者達に對する苦境なんかも全然無視したやり方だ。いづれあんな背くらべをマークでされてゐて、默つてゐる奴ばかりもなからうと思ふが。もし默つてゐる奴ばかりなら、そのときは俺一人、文壇と角力を取つて、負けても勝つてもいい、打ち死にする覺悟だつたのだ。君に一言云はなかつたのは惡かつたのはそれは先づ赦して貰ひたい。君がゐなかつたのだから。
しかし、あのときは君がゐても僕はもう君の云ふことをきかなかつたと思つたからそれほど癪に觸つてゐたから、同感してくれるのは君と今と二人だらうと思つたのだ。他の者は僕に同感してくれてもしてくれなくともどうでもそんなことはかまはなかつたのだ。
蟲が良すぎると思つてはくれるな。僕はそれほど君を信頼してゐたのだから。
しかし、此の癪はこのままではとてもおさまらない。もし此のままで、をさまり返つてゐるやうな文藝時代だつたら、もうその時はその時だ。あまりにあほらしいからね。
とにかく、まだまだ納つてゐられない理由はこれだけではないが、とにかくまたお逢ひしたとき。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko