えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

狐と猫
きつねとねこ
著者グリム ヴィルヘルム・カール / グリム ヤーコプ・ルートヴィッヒ・カール
翻訳者金田 鬼一
文字遣い新字新仮名
底本 「完訳 グリム童話集(二)〔全五冊〕」 岩波文庫、岩波書店
1979(昭和54)年8月16日
入力者かな とよみ
校正者noriko saito
公開 / 更新2020-11-01 / 2020-10-28
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より


 猫が森のなかでお狐さまに行きあったことがありました。「きつねは、りこうで世慣れてる、世間でたっとばれてる」と、こう考えたので、猫は、あいそうよく狐に話しかけました。
「おきつねさま、今日は! ごきげんいかがですか、ご景気はいかがですか、せちがらい世の中になりましたが、おきつねさまは、どんなお生活をなすっておいでですか」
 狐は、それはそれは威張りくさって、猫を、あたまのてっぺんから四足のさきまで、じろじろながめているだけで、なんとか返答をしてやったものかどうか、しばらくは見当がつきませんでした。やっとのことで狐の言うには、
「なにょう! きさまなんざ、ひげそうじのしみったれ野郎の、斑の、阿呆の、腹ぺこの、ねずみとりじゃねえか。なにょうかんげえたんでえ、このおれさまに向って、ごきげんいかがですかなんてぬかしゃがって、ふてえやつだ。きさま、なにをならった? きさまのできることは、いくつあるんだ?」
「わたくしにできることは、たった一つしかありません」と、猫は小さくなって答えました。
「どんなしわざだ?」と、狐がたずねました。
「犬どもがわたくしを追っかけてまいりますと、木の上へのぼって、じぶんを救うことができます」
「それっきりか」と、狐が言いました、「おれさまなんざ、できる事が百もある。そのうえ、おまけに智慧のいっぱいはいった袋をもってる。かわいそうなやつだなあ、おれについてこい、犬どもから逃げだす法をきさまにおしえてやる」
 そのとき、かりゅうどが犬を四匹つれてやってきました。猫は、すばやく木の上へ跳びあがって、いく本もの太い枝やこんもりした葉が自分のからだをすっかりかくしてくれる梢へすわりこみました。
「ふくろの口をおほどきなさいな、ねえ、おきつねさま、ふくろの口をおほどきなさいな」と狐に呼びかけましたが、その時は、犬どもはもう狐をつかまえて、しっかりおさえつけていました。
「なんですねえ、おきつねさま」と、猫が大きな声をしました、「あなたは、おできになることが百もおありなのに、身うごきもできない。あなたがわたくしみたいに木のぼりがおできでしたら可惜生命をおとしなさることもなかったでござんしょう」



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko