えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

由緒ある英国庭園にて 咲ける花のふしぎな夢
ゆいしょあるえいこくていえんにて さけるはなのふしぎなゆめ
原題A FLORAL FANTASY IN AN OLD ENGLISH GARDEN
著者クレイン ウォルター
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2019-10-31 / 2019-11-05
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
[#挿絵]
詩とカラー画デザイン ウォルター・クレイン
印刷 エドマンド・エヴァンズ

[#挿絵]
なつかしき世の園の夢を見る
かつて草花は人のごとき名を持ち
どうにも姿もふしぎで
紳士淑女よろしく振る舞ったという

[#挿絵]
その昔ロザリンドの閨房近くでは
孔雀色したイチイの垣根のそばに
何も草花が見つからなかったそうだが
実は見つけ方にこつがあるのだ
さあ木戸の鍵を手に取るがよい
見るも麗しく 整えられた木の節や
刈り込まれた茂み なめらかな芝生に
沿って 気ままに夢をたどるのだ

[#挿絵]
草の葉からとうに雫も落ちきって かたわらで
時爺がその大鎌を研いでいるうちに

[#挿絵]
四季の乙女らが飛ぶのも忘れて
日時計の柱をぐるりと踊るあいだに

[#挿絵]
英語の古書から一葉つまめば
糸葉がひとり文筆を持ち来てくれよう

[#挿絵]
みどりの国の片隅から知らせておくれ
女と男よろしく装う草花たちのことを

[#挿絵]
まずは美神之鏡
その向こうには流血之愛神が見える

[#挿絵]
かたわら麗乙女群が連れだって
さして心に気にもとめずに通り過ぎてゆく

[#挿絵]
つづいて 輝く円盾を手にしたひとりの騎士
かなりの厚さの獅子之群牙が見えるか
羽に覆われた盾頂は申し分なく
黄金の布地が広がっている

[#挿絵]
純朴な正直者がいたずらに
布地を見せるが誰もまとおうとしない
そのそば つまれてしまう羊飼之袋
ずるがしこい襤褸男が下手人だ

[#挿絵]
ほかに 仔馬之足
告天使距に早駆

[#挿絵]
草花のさなか まっすぐに向かう

[#挿絵]
みちみち 泉のところであえぐ鹿舌や

[#挿絵]
陽雫をなめる犬舌などもいる

[#挿絵]
こちらは乙女之髪に仕える美神之櫛
あちらには 美女に捧ぐ王杯たち

[#挿絵]
お召し物は紫と黄金でご満悦
とはいえ肩にかかるは死之夜布

[#挿絵]
見よ 衣と冠まとう都之華を
黄金杖にかしづかれている
かたわら 草花の一群がまわりに押し合いへし合い
貴婦人のこうべから会釈をいただこうと争う

[#挿絵]
待ちかまえる狐之手袋たち
ふたりひと組どころか大勢一党
この愉しみ見逃すまいと繰り出して
姉妹・伯母叔母・従姉妹まで

[#挿絵]
針草がため息つきつつ顔を上げ
いまだ縫われぬ独身男之釦を見やる

[#挿絵]
とはいえ未婚の軟弱者らの顔は眼中になし
なぜならまだ刈られたばかりのひよっこだから

[#挿絵]
馬尾は狼爪から逃げおおせ
淑女之縁飾とともに走り去る

[#挿絵]
修道士之頭巾が法学士をつつみ
そして司祭草が閣下自身を覆う

[#挿絵]
咬竜はその顎門を開くも
蘇格之国章を目にするや青ざめる

[#挿絵]
あまりに勝ち目がなさすぎる
鱗のない竜であっては

[#挿絵]
匍匐娘がだらん横に…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko