えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

古代エジプトの作品
こだいエジプトのさくひん
作品ID60292
著者高村 光太郎
文字遣い旧字新仮名
底本 「高村光太郎全集第七卷」 筑摩書房
1957(昭和32)年8月10日
初出「世界美術全集 B 第4卷」平凡社、1953(昭和28)年9月5日
入力者かな とよみ
校正者The Creative CAT
公開 / 更新2022-04-02 / 2022-03-29
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

カ フ ラー王坐像

 エジプト彫刻最高期の作であるこの像はさすがに堂々たる大彫刻の美をもつている。後期王朝時代のもののように巨大ではないが、彫刻からうける感銘はかえつてそれよりも大きい。ギイザにある大スフインクス建造時代のこの王が遺憾なく造型美をあたえられている。材質も重剛な閃緑岩が用いられ、その堅さと光澤とが巧に彫刻美の基礎を作り上げ、寫眞と樣式化とが破綻なく融合し、形態の單純性が像に高雅の趣をあたえ、頭部の背後に太陽神の象徴たる鷹をひそませて王者の特權を示すというような意匠も加えられている。像の部分的手法も洗練された作家の神經をおもわせるものがあり、大まかな肉づけの緊密性、細部の適當な處理、頭部をつつむ王樣頭巾の樣式化、顏面の氣品などに意を用いていることがわかる。ただその藝術理念と感覺とにおいてギリシアとは對蹠的であり、東洋といつても極東方面の美の意識とは根本的に相違のあることが見のがせない。

ラー ヘテプ、ネフエルト坐像

 この上層者夫妻の坐像はエジプト彫刻の一つの典型で、同じような構圖の石彫がたくさん殘つている。こういう姿勢で輩下に君臨するのが當時上層者の常態であつたのであろう。いかにもデスポチツクである。暴力と機略と威嚴とによつて自己の存在を主張していた者の全貌がここにある。いわゆるカー(靈)の肉體同一的信仰はここでも寫實の追及に力を致さしめている。製作者はこの人物にも意地わるいほどの描寫をおこない、その力強い容貌風姿のかげのある深い暗さを見のがさなかつた。女性の方にはさすがに豐滿な東洋的の美が強調され、薄布を被つた肉體は、そのためにかえつて肉感的なものを感じさせ、またそのために彫刻的資質を多分にもつ。この二つの像はおよそ等身大のものであるが、製作動機にむしろ人形意識がつよくはたらき、ただその傳統的形式のために彫刻としての諸性質が備わるにいたつた觀がある。これらの像の着色は日本の佛像などの着色とは理念がちがう。

「シエイク エル バラド」

 製作家の側からいうと、ものを大きく見る力のあるということは一つの重要な資質である。ものを小さくしか見られないということは、製作家としての一つの劣性を意味する。これはむしろ製作以前の精神の特性によるものであるところにその運命的深さがある。
 末期的なものは多く神經がこまかく、末梢への關心がつよい。煩瑣に落ち、氣むずかしくなり、その結果として、造型は必然的にいじけてくる。
 ものを大きく見る力の重要さは、時代と樣式とのいかんを問わず、古代、近代、現代にわたつて明瞭に感ずることができる。エジプトにおいても、ギリシアにおいても、十四、五世紀においても、飛んで現代の抽象藝術においても同じである。
 エジプト藝術最善の時代におけるこの一木彫成像の質としての大きさはわれわれに強くこのことを教える。この一事を見るだけ…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko