えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

「大導寺信輔の半生」跋
だいどうじしんすけのはんせいばつ
作品ID60419
著者菊池 寛
文字遣い旧字旧仮名
底本 「大導寺信輔の半生」 岩波書店
1930(昭和5)年01月17日
初出「大導寺信輔の半生」1930(昭和5)年1月17日
入力者卯月
校正者佐伯伊織
公開 / 更新2020-12-26 / 2020-11-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 芥川が死んでから、はやくも二年半近くになる。彼の死因は、彼の肉體及び精神を襲つた神經衰弱に半以上を歸せしめることが出來るだらうが、その殘つた半近きものは、彼が人生及び藝術に對して、あまりに良心的でありあまりに神經過敏であつたためであるやうに思はれる。彼のあまりに鋭すぎた神經は、實生活の煩はしさのために、いよ/\鋭くなり遂に齒こぼれのした細い劍のやうになつてしまつたのだらう。
 しかし、彼が世を去つた後の始末は、總てがなごやかに行はれたと云つてもよかつた。彼の全集の出版についても、彼の遺族の生活についても、彼の神經をなやます何事も起らなかつた。その上、彼の死は多くの人に依つて、心から悼まれ、彼の作品はその生前以上に、人々の愛と尊敬とを得てゐると思ふ。今こそは彼は、ひとり籐椅子に坐り、椎の若葉を眺めながら、度々考へてゐた死の平和の中に、やすらかな微笑を浮べてゐるだらう。今彼が、晩年に書いた若干の作品が、全集から、引きはなされ單行本として世に出されることも、冬日のあたゝかに照す彼の墓標にさゝげられる一束のしきみの如くすがやかな氣がするのである。
昭和四年初冬
菊池寛



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko