えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

ゴンドラの唄
ゴンドラのうた
作品ID60465
著者吉井 勇
文字遣い旧字旧仮名
底本 「脚本その前夜」 新潮社
1915(大正4)年4月24日
初出「新日本 第五卷第四號」冨山房、1915(大正4)年4月1日
入力者大久保ゆう
校正者The Creative CAT
公開 / 更新2022-11-19 / 2022-10-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


唄(若い澄んだ少年の聲。)
いのち短し、戀せよ、少女、
朱き唇、褪せぬ間に、
熱き血液の冷えぬ間に、
明日の月日のないものを。

いのち短し、戀せよ、少女、
いざ手を取りて彼の舟に、
いざ燃ゆる頬を君が頬に、
ここには誰も來ぬものを。

いのち短し、戀せよ、少女、
波にたゞよひ波の樣に、
君が柔手を我が肩に、
ここには人目ないものを。

いのち短し、戀せよ、少女、
黒髮の色褪せぬ間に、
心のほのほ消えぬ間に、
今日はふたゝび來ぬものを。
(吉井勇氏作『ゴンドラの唄』――この一節をイタリアの俗謠の調に依つてうたふ。)



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko