えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

告・原民喜
こく・はらたみき
作品ID60514
著者熊平 武二
文字遣い新字新仮名
底本 「中國新聞」 中國新聞社
1951(昭和26)年3月16日
初出「中國新聞」中國新聞社、1951(昭和26)年3月16日
入力者竹井真
校正者持田和踏
公開 / 更新2022-07-10 / 2022-06-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 詩人と小説家の混血児原民喜。君はとうとう自殺した。自分のための“鎮魂歌”を書き続けて来たから生きてくれるだろうと思ったのに、君の死を聞いて驚けなかったぼくは悲しい。自分の生存意識が生々しい。
 三十年の交友は今にして長い。詩誌“春鶯囀”特殊誌“四五人会雑誌”のころが憶われる。去年数回飲んだときもあの当時の君とちっとも変らなかった。

 僕あての遺書あらばあるいは骨を刺すようなことを書いているかも知れない。しかし僕か長光太が君の傍にいたら今時やっぱりタバコを喫っているだろうと思う。
“夏の花”は書いた。“鎮魂歌”は書いた。大作“広島”を書くべくして書かなかった。また期待した童話も結局未開花に終った。しょせん今の文壇市場は妥協のない君を力量通り受け入れる寛容さはない。それに不器用な君の処世態度は痛々しい限りだった。
 君の逞しい否定の精神も不逞な肉体の否定によって休止したか愛妻に[#「休止したか愛妻に」はママ]逝いて七年、長光太、山本健吉、丸岡明、埴谷雄高らとともに君のために祈る。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko