えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo関連書籍検索

より美しく―より和やかに
よりうつくしくよりなごやかに
著者原 民喜
文字遣い新字新仮名
底本 「中國新聞」 中國新聞社
1950(昭和25)年4月21日
初出「中國新聞」中國新聞社、1950(昭和25)年4月21日
入力者竹井真
校正者城月理央
公開 / 更新2020-08-06 / 2020-07-27
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る



本文より


 ペン・クラブの一行と別れて、私はまだ廣島に滞在しているわけだが、今朝は久振りで泉邸や常盤橋から饒津の方を歩いてみた。泉邸の川岸には頭に白い手ぬぐいをかむって何か働いている人の姿を見かけた。常盤橋の踏切の付近では道路をなおしている人たちを見た。
 廣島は絶えず今も刻々に復興の途上にあるのだろう。だが、鶴羽根神社の靜かな濠のところまで來ると、私はこのあたりに眞赤な死体や眞黒い顏の火傷者がごろごろしていた時の情景をすぐ思い出す。昔の松の並木をしのばすように、松らしい大木の幹がたった一本道路に残っていたのも私にとっては胸をつぶすような感じがした。
こんどのペン・クラブの人たちには、廣島はもう以前ほど凄惨な印象は與えなかったかもしれない。それほど廣島はすでに廃虚の姿から更生されている。だが、やはり、この土地を訪ねてみてよかったと遠來の客はみんないっていた。私もいよいよ明日は東京へ帰るのだが、この次にまた廣島を訪ねる時は、この土地がもっと美しいもっと和やかな街になっていることを祈っておく。
なお二、三の文学グループから座談会の申込みもあったが、何しろ修学旅行のように忙しい日程だったので、意にそうことができなかったのをわびておく(日本ペンクラブ会員・廣島市幟町出身)



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko